こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2016/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/01

* W E L C O M E *
心がうきうき 楽しい未来を一緒に創ります◆


訪ねてくださってありがとうございます。
お会いできてうれしいです。

地球とこころを耕し 育つ力を支えるセラピスト
まや翠(みどり)と申します。

よくも悪くも(笑)子供らしく育っている中学生の息子と、
私が知る中で多分器が一番大きくて広くて深い夫と、
まいにち楽しく暮らしています。

自分や家族、身近な人が暮らしている環境を、
誰かに言われたり、決められたりすることがあっても、
それをしっかり考えて当事者で整えていくことが、
生きるってことじゃないかな?
なんて、ちょっと熱く考えてますが、
やってることは、ゆるゆるふんわりでいいと思っています^^

最近のベクトルは、自然と人と人との関係。
自然の営みを知ると、私も自然の1つだと気が付かせてくれるから。
自然の営みから、人と人、自然の関係を体感することができる、
エコロジカルシンキングゲームを広げていくのが、
夢であり、目標です。
エコロジカルシンキングゲームについての記事はコチラ→

地域活動、ミドリのおばさん(おうち緑化)、タロット、しごと。。。
あれこれやっているようで、根っこは1つ。
私の目や手が届く人たちが、幸せでいることを願っています。

ブログでは、幸せとよろこび多めの、日常の喜怒哀楽からを綴っていきます。

目に映った、触れたもののすべてが、自分へのメッセージになる。
このブログに出会ってくださって、何を感じてくださるでしょうか。
少しでも、こころがふんわりしていただけたらうれしいです。

ごきげんよう。

先日、占いを受けたときに言われたのです。

「れいちゃんって、怒りをあかんものやと思って、無意識にそれらしい理由をつけて蓋をする癖がついているよね」

う…ん。
わかるような、わからないような。
ええ、癖だから、無意識だから、わからないのだろうけれど、
私をみた人が、そういうのだから、それは事実なのだろう。
いや、事実だといい加減に認めよう。

そう。

「ほんまムカツク!なんでなん?」
「それっておかしいと思うねん」

って感じていることでも、

「でも、私も含めて誰にも悪い影響はないわけだし、上手くいってるなら、
まあ、いいか」

って。

確かにそうなのだけど。
いう考え方もアリだとやっぱり思うのだけど。
その、「まあ、いいか」に、私の怒りや悲しみも全部放棄しちゃってる。
本当は、腹立たしいのに。悲しいのに。寂しいのに。

誰かを責めたいわけじゃない。
やっぱり、それで上手くいっているなら、それはHAPPYだし、
その出来事が、私の人生にとって、ものすごく重要で重大なことかといえば
決してそんなことはなくて、一瞬の感情の動きでしかないのだ。

だけど、その感情の動きまで、いいことにしていると、
手放したようで、こびりつくんですよね。
…ということらしいです。
(ええ。頭ではわかるけれど、まだ自分のものにはなっていない)

なので、その感情は、しっかり味わっちゃおうと。

で、味わい方を知らない私(´∀`*)ウフフ

だって、怒り切ったことってそんなにないのだもの。

…というわけで、最近、自分の中の「違和感」に目を向けて、
まずは、そのムカツクとか、腹立つとかという気持ちを、
今の私ができる範囲で、ちゃんと言葉にしてみることにしました。
相手に投げつけるとか、誰かにぶちまけるとか、そういったことはせず、
書いてみるとか、独り言のように口にしてみるとか。

何故腹が立つの?ムカツクの?という理由は、あまり考えないで、
本当はどうしたかったん?なんてコーチング的な発想も持たず、
まずは、ムカツク!を出す。
理不尽やなあ、私、と思っても、出してみる。

ええ、もう、ヒドイですよ。
めっちゃドロドロと汚い言葉がいっぱい出てくるし、
何言ってるん?とみじめな気持ちにもなったりします。

すると、
意外と、ずうっと怒っていられないのです。
「この怒りの時間に何の意味があるのだろう?」って、
バカバカしくなってくるのです。
だから?どうしたいの?と自分に聴いても、別に?って思ったとき、
本当の意味で「もういいや」になるのかもしれません。

で、本当の意味で「もういい」ではなく、放り出しそうになったとき、
いやいや、どうしたいん?どうしてほしいん?
って、もう一度自分に戻してみる。

こんなことを思ったらよくない、とか、思わない。
でも、よくないと思っている私も、私。

だって、にんげんだもの by みつを

ちょうどいい自分を見つけていくのが、ご機嫌さんの秘訣かも。
そういったことを、お菓子占いなどでできればいいのかなあ、
なんて思いました。


スポンサーサイト
ohanashikai.jpg

働く親のサークル「ワーキングマザーズスクエア」で
お話会をしました。

年に4回、公民館やカフェなどで開催しているのですが、
今回は、大きな会場を借りて、たくさんの人とお話ができたら、
という思いのもと、この春から準備を続けてきて。

目標とする人数には満たなかったものの、
参加してくださった方は、概ね好評を得たイベントだったようで、
ひとまずほっとしています。

様子については、サークルのブログで報告していますので、
そちらを見ていただくことにして、主催した、という所感を。

昔、商店街で数百人規模のイベントをしたときも、
「こんなことをするためにサークルに参加しているのではない」
って言われたこともあって、声をあげるのには非常に悩みました。

働きながらのこういう企画って、かなりの気力と体力とやる気がいて、
仲間の間でも、意識や活動への温度差はどうしても出てきます。
私でさえ、そのころは週4日残業なしの勤務だったこともあって、
動ける余裕はあったけれども、今は違いますし、
思うように身動きがとれなくて、悶々としたりすることもありました。

今回のイベントも、そういう点では反省点はたくさありますし、
その動きと、内容と、結果に対して思うことは、人ぞれぞれだと思うけど、
やらなきゃ何もはじまらない、と思っています。

イベントを通して、
知っているけれども行けない、気になっていたけどようやく行ける、
というような、潜在的な知名度があるということがわかりましたし、
また、取り組み、活動を注目してくださる存在があることもわかり、
今後、新たな展開がはじまりそうで、
私の中では、それが今回の一番の成果かな、と思っています。




newspaper.jpg

東灘こどもカフェさんで共催させていたただいている、
「まちなか食堂」の流れで開催をはじめた、「まちなかBAR」が
新聞の取材を受け、掲載されました。

でもね。
まちなか食堂は、子ども食堂とはちょっと違うんです。

子どもの貧困や食育が、というような話よりも、
名前のとおり、「まちのなか」で子どもも大人もくらしている、
イギリスの「パブリックハウス(パブ)」みたいな感じでしょうか。

まちなか食堂は、スタッフが朝から活動していることもあり、
19時までの開催が精一杯。
私も、今でこそ仕事を休んできていますが、
ちゃんと仕事をして帰ってくると、19時を過ぎるので参加できません。
息子も同様です。
私の友達のワーキングマザーたちも、大半が、間に合わないと言います。

ええ、最初、まちなか食堂を始めたときは、私の家族も含めて、
まちのなかで一緒にご飯を食べる機会があれば、と言っていたのに、
本末転倒。

ならば、おかずは多めに作っていただいてもらって、
19時以降を、私に任せてもらえないか、とお願いしたところ、
快諾をいただき、開催の運びになりました。

BARといっても、何か特別な食事が出るわけではなく、
缶ビールとおつまみくらいなのです。
あとは、みんなのおしゃべりだけ。
そういうところも、気楽でいいかもしれない、と思っています。

次回は1月の第4金曜日です。

行きたかったところもあるのだけど、
予算の都合で、今日も町内から一歩も出ない生活。

子どもカフェでご飯を食べて、おしゃべりをして、
木漏童ingでクリスマス会のお誘いを頂き、
まんまるうさんでおやつを買って、
部屋の予約をしに福祉センターに行って、
玄関先に知っている人がいると思ったら、
中から出てきた方がみなさん知っているお顔ばかり。


山本さんやんね?前から声をかけようと思っててんけど…
と声をかけてくださった方は、
息子がまだ小さいとき、仕事が終わって迎えに行ってから、
毎日のように病院に通っていた帰りに、よく立ち寄った魚屋さんの奥さんでした。


へとへとで、これから家に帰ってご飯を作らなきゃいけないの?というときに、
ご夫婦で温かいことばをかけてくださって、
お惣菜をちょっとおまけしてもらって、
息子も私もほっとして帰路についたものです。

こちらのお魚屋さんも、
息子のお食い初めの鯛や、毎年のいかなごを買っていた
今日、子どもカフェにいらしていたお魚屋さんも、
みんなお店をたたんでしまわれました。


みなさん、高齢になられた、ということもあるのですが、
商売と関係なく、こうしてお話ができて、
夫がそうであるように息子のことを、
「ヒゲが生えてなくてツルツルのときから知ってる」
まちの人がたくさんいるって、ちょっとうれしい。

mistumori.jpg 

大きな案件の見積を、各社にお願いしていたのですが、

その締め切りが今日でした。


4社にお願いして、3社は提出してくださいましたが、
1社は、そもそも、ヒアリング資料の提出が遅くて出せない、
とこちらを責めるようなことを上司におっしゃったのだとか。

弊社の資料提出が遅かったのは、恥ずかしながら、全社に対してです。
トラブルがあって、間に合わないかも、とおっしゃっていた会社もありましたが、
間に合わせてくださいました。

上司から聞いた話によると、
3社の営業さんは、1か月ほど前に、この案件の相談をしたときから、
上司や関係各所へ根回しを行っていて、
すぐに動けるように準備していたのだそう。

提出できなかった1社さんは、昨日になって、資料だけでなく、
現地調査も必要であると関係部署から言われて知ったとか。


仕事をしていると、後になって、こうしておけばよかった、
って思うことなんて、よくあることなのですが、
ベストを尽くすために、アンテナを張って準備をしておく、という
段取りがあってこそできる仕事もあると思います。

後から聞いた話では、
締め切りの日を知らなかった、と営業さんはおっしゃったそう。
何をおっしゃいますやら。ちゃんと全社に同時に送った依頼のメール、
私の手元にはしっかり残っていますよ~

お忙しいのはみんな同じ。
仕事の仕方、意識の差って、すごいなあ、と改めて思いました。