こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一緒に写真を撮っていただきました☆ありがとうございます


ごきげんよう。
タイトルは、ワンピース風に、田中真弓さんの声をイメージしてください(笑)


関西で長年続いている関西異業種交流会
キックオフ関西さんが主催されるセミナー
「みんなに必要とされる人になるための「ひと工夫」」
セミナーに参加してまいりました。

講師の今蔵ゆかりさんがこの夏に出された著書の出版記念セミナーでした。


雑誌や新聞などでも紹介されているので、在庫がなくなることが多々あるそう。
売れる、というよりも、人を介して必要な人のところに行くあったかい本って素敵。

このブログで、入社以来、仕事の話ってほとんど書いたことがないので、
改めて何ですが^^
昨年、約15年ぶりに一般企業に入社し、試用期間を経て無事に正社員に。

前職は、学童保育指導員。パート。非常勤。
トウが立った、キャリアもない、ほぼ未経験、新人の私が仕事で認められるには、
生きてきた年月分積み重ねた、プラスアルファを生かさなくては、と、
ただただ一生懸命、必死にやってきた1年。

叱られたり、失敗をしたり、頭を下げさせたり、走らせたり、いろんなことをして、
厳しくも愛を持って育ててくださった上司や社長から、冗談であっても
「採用できたのは大当たりだった」「君ならできると思っている」
と言って頂いたこともあります。

とてもうれしいことですが、ともかく必死すぎて、
頑張っていることがよかったのだとは思いますが、
具体的に何がよかったのか、よくわからない(笑)
だから実感がわかないこともあって。

そんなときに、お友達や知り合いから紹介して頂いたのが、この本でした。

通勤時間のお供にぱらぱらとめくりながら思ったのです。

これも、ここも、社長から叱られたときに言われたことと一緒だ!
私がほめられたのは、これをしたからなのかもしれない…

それが、基本の3つ「ABC」。
あたりまえのことを、バカにしないで、ちゃんとやる。

社長にも上司にも、似たようなことを何度も何度も言われました。
大きな仕事、難しいことをすることが仕事じゃない。
簡単だと思えることを、丁寧に確実にできるようになることが大事。
それができてこそ、難しい仕事を任せていくこともできるのだから、と。

たった4人の職場で、周りがてんやわんやになっているときに、
それしかできない自分に、何度も悔しいと思ったし、
特に、叱られたときって、
ちゃんと聞かなきゃ、と思いながらも、失敗した悔しさとやってしまった感で、
まっすぐ耳に入りにくいんですよね。
そんなこと言われても…って口ごたえしたこともありました。

それでも、自分は未熟なのだから、言われたことは何でもやってみよう、
それでだめだったり、自分にしっくりこなかったらそのときに考えよう、
私は、未熟なのだから、と自分に言い聞かせていました。

あれで、OKだったんだ。

もちろん、言われたことをまっすぐに従ってみたのもそうだけど、
今蔵さんは、そういう「これをする」こと「だけ」をおっしゃりたいのではなくって。
そこが、「頑張ってる」「こいつならやる」と思ってもらえる、
ちょっとした「工夫」で、自分も周りもハッピーになるのだとおっしゃいます。
(知りたい人は、本を読もう♪)

そういえば、キックオフ関西さんのセミナーに参加するのは、これで、3回目。
最初は、おどおどしながら参加して、みなさんなんだかぴしっとしていて、
(それもかなり遅刻して。仕事が終わってから参加すると間に合わないのです)
もう、ハンパないアウェイ感に誰とも交流できずに帰ってきたのです。

それでも、主催者の空さんは、
「よく来てくれた。ありがとう」
「いいよいいよ。まずはセミナーに参加するだけで十分だよ」
っておっしゃってくださって。
参加を迷っていたこと、緊張していた私を知ってくださって、
あのちょっとした心遣い、思いやりの一言に、どれだけ救われたことか。

そう。工夫とは、こうした思いやり。愛。
参加者に対しても、講師に対しても、スタッフに対しても、
そして、ご自身の企画、仕事や、会全体に対する、揺るがない愛。

それを、「ひと工夫」という形で、表現する、ということを、
いろんなシーン、シチュエーションでたとえばこう、と書いてくださっているのが
この本で、今蔵さんでした。


今の仕事を始めるときに、息子が、
「おかあさん、セイシャインになるんやろ?それってすごいんやろ?」
と目をキラキラさせて言ったとき、
息子にとって、セイシャインは、正社員ではなく、「聖shine」的な響きを持っているのだろうなあ、と思いました。

私が目指すのは、その聖shine。
人として清く輝く働きをすること。
愛される人になる!
そんな私に、ぴったりな本、セミナーに出会えて、本当にうれしい☆

「お母ちゃんは聖shine!ブランクをバラ色キャリアにかえる幸せなお仕事のしかた」
なあんて、
少しずつ、聖shine話も、少しずつ、ブログに書いていこうかなあ。


ペタしてね

スポンサーサイト
ごきげんよう。
久しぶりに書いてみたくなった。

仕事がかわって8か月。

毎週通っていたヨガにも参加できず、
平日の昼間にしていた集まりやランチ会も、
出店者側として参加していたイベントも、
どこか遠い場所での話になってしまいました。

そこには、キラキラ輝いている人たちがいて、
一緒にいると、とっても楽しくて、元気になれて、
私も、何かできることがないかなー、やりたいなーって気持ちになった。

その場所が、遠くなって、
変わるって、こういうことかなあ、ってほろ苦く感じながらも、
それを選んだのは私。腹を括って、今ある道を進め、とおもうのだけど、
正直なところ、さみしい気分がどうしても抜けなかったのです。

でも、この8か月の間、
facebookで、会えないけど身近に感じられたり、
ものすごく辛いときに、連絡をしてくれたり、
久しぶりに足を運んだ場所で、声をかけてもらったり、
再会したら、考えていたこと、感じていたことが同じだったりする仲間がいました。

離れていても、繋がっている。
細い、太いはあっても、あのとき、繋がった事実は変わらない。
それぞれの人が、それぞれの場所に立っている、私も同じ。

そう思えるようになって、目の前が明るくなったことがあったのを覚えています。

最近、仕事のミスが半端なくて、
最初はへこんで落ち込んで、人知れず涙を流したこともありましたが、
それでも、前に進んでいかなければいけない、と立ち上がって前を向く強さも学びました。

自分は、なんて小さな人間なんだろう。
そんな気持ちに押しつぶされそうになったときには、
身近な人たちが、話の中から必要なメッセージを贈ってくれました。

自分のサイズで生きていく。
できなくたって、失敗したって、何度でも立ち上がる。
小さくたっていいんだ。
小さいなりに、小さいところで一生懸命生きるんだ。

もしかしたら、大きくなるべきだ、と思う人がいるかもしれません。いるでしょう。
それじゃ、なんにも進歩がないやんか、って、思う人もいるでしょう。

自分のサイズを知って、役割を知って、そこで100%自分を生きられるのなら、
素晴らしいことじゃないですか。

私の小さくて浅いけれどもどんどん広がる世界を、
大きくて深くて濃縮された世界を持っている人が、素晴らしい、といってくれるように、
私も、大きくて深くて濃縮された世界を持っている人って、素晴らしいと思う。
そこが触れ合ったときに、少しだけ深さや広さが、大きさが、増していくのだと思う。

それでいいんだ。
それで。
世界は、そうやって、なりたっている。

私は
小さい世界で、精一杯生きて、大きな世界を生きる人を支えるのが役割だと、
最近思う。
あっているか間違っているか、いいか悪いかじゃなくて、
私が、そう思ったら、そうなのだと思う。

あー、エコロジカルシンキングゲームやりたいな。


ペタしてね



ごきげんよう。
地球とこころを耕し 育つ力を支えるセラピスト
ここふわの山本玲子です。

今日は、入社してはじめてのお給料明細をいただきました。
ええ。明細です。
支給は、明日(笑)

正直、わずかです。締め日の関係で、入社後数日分。
でも、額の問題ではないのです。
本当に、本当に、重たい、このお給料。

電話をとるのも恐る恐るで、
片付けや掃除まで、教えてもらわないとわからない。
忙しい人の手を止めて。
全く生産性のない私のために、大事な時間を作ってくださる
先輩や上司の生産性だって下がります。

そんな時期に、労働の対価として、頂く、お給料。

はい、お金を使うために、働いています。
だから、お給料は、使わせていただきますが、

この明細は、ちゃんととっておこうと思います。

いつか、この分を超える働きができる自分を目指して。

若い頃は、ここまで考えなかったかもしれません。
まかりなりにも、セラピストや講師、ファシリテーターとしての仕事を通して、
自分がやったことがお金になる、ということが身についたからかもしれません。

入社した会社が、小さい会社ということもあって、
透明性が高いとか、公明正大という域を超えて、
1代で会社を築いた社長の心意気や、
その背中を見て、反発感を持ちながらも尊敬している2代目と、
ひょいひょいっとさりげなくそれを支える先輩事務員さん(歳は一回り下)から
全員が、会社を創っている感がびしばし伝わってくるのです。

起業とか経営をひょいっとやっちゃう、できちゃう人もいますが、
それを大きくしたり、続けていくことの凄さを実感することができて、
私はとてもいい職場に身を置かせていただけたと感謝しています。

でも、みなさんおっしゃるのは「人との関係」なんですね。
もちろん、最終的には、利益を求めることになるのですけれども、
そこには人と人との良好なやりとりがあってこそ、なんですよね。

仕事がはじまって1週間後の面談で、ちらっと言われたのです。

入社して1週間の人に、ここまで話をするつもりはなかった。
ちょっと深い話もしてしまうのは、山本さんの人間性もあるのかもしれないね。

って。

これが、何よりうれしかったです。

そしてそれって、最近ほとんどできていないけれども、
セラピスト、ファシリテーターとしてやってきたことが活きているなあって。

何もかもが、つながっていくんですね。

めまいがするくらい、疲れてしまうこともあるけれども、
とてもワクワクしています。



ペタしてね


.

ごきげんよう。
地球とこころを耕し 育つ力を支えるセラピスト
ここふわの山本玲子です。

ここ最近、チャネリングについて、
セラピスト仲間の間で話題にあがることがあります。

いろんな方が、いろんな言葉で、
チャネリングについて語るのを聞くのは、とっても面白くて。

私も、どうもチャネラーらしいのですが、
(みなさんの話を総合すると、そうなる)
何せ、感覚人間なので、理論的な説明や、
こうである、と断定的に伝えられること自体が、
スバラシイ、と興味津々だったりします^^

その上で、私なりに咀嚼しますと、

チャネリングは、
ジャンケンで相手が出す手がなんとなくわかってしまったり、
混んだ電車で、「あの席に座ってる人が下りそう」ってわかったり、
初対面の人や、初めて行く場所に対して、何かしら、
仲良くなれそう、好き、イイ感じ(その逆もある)というような、
なんとなく感じたり、ピンときたりすること=直観をまっすぐ受け止め、
それを信じて意図的につながって得られるもののことを指すようです。

つまり、誰もが持っている能力なのだけれども、
その扱いについては、訓練というか試行錯誤というか、
マニュアルのないその人オリジナルの学びによって、
能力の強弱が出てくるもので、

よく、ハイヤーセルフに繋がってメッセージを受け取る、
なんて話もありますが、
ハイヤーセルフというのは、自分の直観に正しく繋がった状態。
だから結局、全ては、自分の中にあって、
現実世界で地に足をつけて生きていることで、
(グランディングできていることと同義)
そのような状態になれる。

逆に、他力本願だったり、自分の人生を生きられていない人が、
チャネリングを行おうとすると、
自分の直観に正しく繋がれないため、
いわゆる低次のエネルギーから、誤ったメッセージを受け取りがちになる、

ということになります。

高次、低次とか、正しい、誤ったという2元的な考え方って、
本来、こうしたものの話にはそぐわないはずで、
私はどうしてもここに違和感を持っていました。

だから、正直、どんな方が語られても、
なあんだ、この人も結局2元的なものの見方をしてる人じゃん、と
強く主張すればするほど、わけがわからなくなるのです。

ただ。
ガリレオよろしく、「全ての現象には必ず理由がある」のなら、
(ここで物理学を出すこと自体がどうかとも思うけど、
だって、この世の中、地球で起こっていることって、
現実的に、リアルに私たちが感じるべきことなはずだから)

高次から正しいメッセージを受け取ることがよくて、
低次の誤ったメッセージを受け取ることが悪い、というのは、
この世の中での価値基準であって、
もっと大きなものの見方をすれば、
それを受け取るべき理由が、その人、その時に存在しているだけ。

自分の生き方、人生、魂の本質を知ることができる、知っている人が、
直観と繋がって受け取ったメッセージが、
その人が受け取れる力があるからこそ
今生の試練やチャレンジとなるものになる可能性もあるわけだし、
(でもまあ、受け取った人はひょいっと乗り越えちゃうんだと思う)

自分の生き方に自信がなく、他力本願で何かを得たい人が、
一見、都合のいいようなメッセージを受け取りつつも、
実はニセモノのメッセージで、結局上手くはいかない、
という可能性があっても、
それはその人が、成長していくための過程で必要だったこと。

ただ、後者の方が、仕事だったり、見世物として、
他者にチャネリングを行ってしまうことで、
チャネリングを受けた人の人生を操作してしまったり、
おそらくその後、大きなしっぺ返しがやってくるのではないか、
という、「考え」の部分での判断があるのだとは思います。

実際、そういう方って、自分がしていることがわかっていない、
ということもあるのでしょうしね^^;
そこに介入するしないも、自由なわけで。

ただ、現実をきちんと生きて、
直観とつながることができる人が増えるのであれば、
きっと、もっと、楽しい世の中になっていくのではないかな?
そうじゃないのが、地球なんだろうな?

と、ぼんやり感じるこの頃でした。


ペタしてね


ごきげんよう。
地球とこころを耕し 育つ力を支えるセラピスト
ここふわの山本玲子でございます。

ずうっと、書きそびれていたことがありました。
ここ1、2ヶ月の変化のきっかけ、トリガーを引いた、
龍宮道場のとらちゃんのセッションのこと。

ある程度の変化が確認できたら書こうと思っていたのだけど、
意識の変化も大きすぎて、最初に受けた頃を忘れています(笑)

とらちゃんとの出会いは、地域通貨のお披露、交流会でのことでした。
お試しで青空の下、マッサージをしていただいて、
その当時、心身ともにくたくただった私を一瞬で見抜いたその素質と、
人見知りな私が(ほんとですよ)、お話しやすいと思えた方で、
共通の知人も何人かいらっしゃって。
思えば、あのあたりから、私の小さな変化が始まっていたのです。

が、それをまだ確信できなかった私、
もちろん、神の采配もあって、イベントやワークショップに
参加するタイミングがどうしても合いませんでした。

それが、今年に入って、びしっと合ったのです。
そのときのブログが、コチラ→

私もさっき読み直して、鳥肌が立ちました。
だって、あのブログで、ぼんやりとしかわからないといっていた、
大学の恩師の言葉が、ちゃんと今、現実になっているのだから!!!

そんなご縁がどんどんつながって、
3月から、経絡リンパ調整法のセッションを定期的に受けていました。

昨日もセッションでした。
これだけいろいろなことがあって、動いてきて、動いてこれた自分が、
未だに信じられていない私がいて、
その気持ちが上がってしまったふわふわしたところを収めて、
自信の部分を整えて、新しい1歩に進む準備をする

そんなイメージで受けに行きました。

そうそう。これだけで記事が書けそうだけれども、

セッションを受けようと、行動したのは、私。

その後、自分のためにあれこれ行動したのも、私。

とらちゃんのセッションがどれだけすばらしい、といっても、
セッションを受けたら、とらちゃんがそうしてくれるのではなくて、
自分が自分のために自分の人生を生きる力を出すことを、
引き出したり、整えてくれるだけ。

最初は、自分を変えたい、何かを打破したい、
という漠然としたものでもOKかもしれませんが、
その後に起こることの責任は、自分がとる、という意識がある方が
お受けになられたほうがよろしいかと思います。
(それでいいですよね?とらちゃん)

そして、昨日、初めてとらちゃんにお話したのだけど、

2回目くらいから、セッションがはじまると、天井に金色の狐さんがいて、
昨日はいなくなった代わりに、白い蛇がいました。
今思えば、場所の雰囲気が変わったと思ったのは、コレだったのかもしれない。
龍宮道場には、龍がいる、という話を聴くのですが、
私のチャンネルが違うのか、龍は見えたことがないんですよね。

むしろ、龍はもはや部屋の中に入る大きさではないのかもしれない。
あの場所が、もう、龍の中だと思う。

私のそうした感覚は、
見える、というよりも、ふと口をついて出てくる?意識に上ってくる?
そんな感じなので、私もその感覚を信じればそうなのだけど、
ちなみに、それがわかったからどうなの?という出現の仕方で、
結局その意味は自分が考えて、腑に落ちる、落とすような感じ。

普段、世の中でチャネリングと言われることを、
自分がセッションをしているときだけしているようなので
(私は自覚がないのだけどそうらしい)
受けたときにそういう感覚を覚える、ということにとまどいを感じながら、
でも、その後、自分の身に起こったことを考えると、
そういう存在があったことは、おかしくなかったよね、なんて思う

You、そろそろ自覚しようよ、認めちゃいなよ(って誰?)
って誰かから言われているような(実際言われてるし)ここ1年ほど。

格段に変わった、と思ったのは、人との関係。
エゴが減った分、愛が増えたような気がしています。

もちろん、まだ、うじうじしている自分がいるにはいるのですが、
そんな自分さえ、この世を楽しんでいる存在として愛しく楽しく、
日々を過ごしていけるようになってきましたよ。

とらちゃん ありがとうございます。
そして、これからもよろしくおねがいします。

~~~~~~~~~~~~
そうそう。そのとらちゃんの龍宮道場で
5月12日(日) 13:30~17:30
エコロジカルシンキングゲーム×アニマルメディスンカードワークショップ
開催しちゃいます。
パワーありますよ。
愛と調和の年のエネルギーを、
自然のいきものたちと一緒になってガツンと受けとれるスペシャルな半日。
お待ちしてまーす。



ペタしてね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。