こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ごきげんよう。
地球とこころを耕し 育つ力を支えるセラピスト
ここふわの山本玲子です。

私が環境に興味を持つようになった道のりについてのお話です。
さて、今日は、第3話。
地域活動のお話です。

いよいよ、環境問題とのかかわりの接点が!!

 今までのお話→ わたしのベクトル→(はじめに)
            わたしのベクトル→①震災
             わたしのベクトル→②子育て・子育て支援

震災での経験、その後のボランティア活動から、
地域づくり、まちづくりに興味を持った私。

都市部では、近隣のつながりが希薄で、
災害時のときの安否の確認をはじめ、様々な問題を生じるということから、
助け合い、という言葉がよく使われていたように記憶しています。

当時の私は、頭ではなるほど、と思っていたけれども、
自分にひきつけて考えられていたかというと、どうかな?と思います。

そんな私も結婚し、世帯を持ってから、
ご近所さん(特に年配の方)が声をかけてくださって、
お花の苗やら植木鉢を頂いたり、忙しくて忘れてしまった水遣りをして下さったり、
息子がお腹にいるときは、ベビーベッドを譲っていただいたり、
実家から送ってきた野菜が…と頂いたり、炊いたいかなごや釣った魚を分けたり、
ささやかながらも、「まちの人」を満喫していました。

当時は、近くの商店街にあったNPOの事務所で働き、
商店街の活性化などのお手伝いをさせていただいていたこともあり、
そんなご縁もあって、
地域のポータルサイト「にぎわいネット」の運営委員に名を連ねたことを皮切りに、
気がついたら、震災慰霊祭の運営メンバーになっていたり、
町のお祭りで模擬店を出していたりと、
自分が住む町とのコミット度が若干増えてきて、
自治会やこども会、PTAなど、いわゆる著名な団体に所属したことがないのに、
いろいろな場面で顔を出している私に、
「山本さんは、どういう人なん?」と言われることもしばしば(笑)

他にも、出産し、働き始めたら、今まで遊べていたお友達と会えなくなり、
子育てサークルや広場も土日祝日にはなかなか開催されていなかったので、
友人と、働く親のサークルを立ち上げ、いろいろな楽しい取り組みをしてきました。

私と、私の家族が生活しやすいような環境を、
自分の力で創って行く、というのは、
震災後、ボランティアをし、働いていたまちづくり系のNPOでの経験があったから。

私は、私という個人レベルで、大好きなまちと関われていることが、幸せ。
それは、今でも、多分これからも変わらないと思います。

ただ、サークル活動を続けて行くうちに、一部のメンバーの間で、
私たちがしているいろいろな楽しいことは、

サークル活動という、限られたメンバー意外の人でも、
きっとやってみたい人っているよね?というような話になり、
一部の有志で、講師を呼んでイベントやお茶会を開くようなことも。

そのあたりからでしょうか?
自分の身の回りだけではなく、もう少し外まで視野を広げ始めたのは。

助成金を受けて、キャンドルナイトのイベントを始めました。

元々は、エコやエネルギーがどう、ということが発端ではなくて、
自分や自分の子ども、家族が健康で豊かな生活を送り続けられるように、
同じ様な興味、関心を持った人と集まり、考えることができるきっかけを作ろう、
ということが発端だったはず。

ただ、イベントをするにあたり、
キャンドルナイトは、全国的なムーブメントであり、
全くの無知でできるものではありませんでした。
こだわりのてづくり市を併催したり、提供する食器をリサイクル食器にしたり、
手つくりを楽しむワークショップをしたり…

ここで、ようやく、地球環境やエネルギーと、
私の行動がつながってきたように思います。

エネルギーも、食も、自然環境も、使うのは、人。
これらの環境問題を考えるためには、その恩恵を享受している私たちの意識が
とても深く関わってきます。

しかし、如何せん、私たちは目の前のことで精一杯になりがちになることが
多いのではないでしょうか。

それなら、目の前のことにちょっとプラスできるような行動を。

私が資格をとったアロマセラピーも、小さい頃は病気がちだった息子に、
症状を抑えてしまうお薬をなるべく多用しないようにケアができないか、
と思ったことがきっかけでしたし、
タロットやカラーセラピー、アートセラピーなども、
行動する自分に焦点を当てて、自分の今ある姿を知ることが、
その後の行動の加速につながらないか、と思ってご提供しています。

そして、ここまでいろいろやっていても、無知で短絡的だった私は、ついに
「エコロジカルシンキングゲーム」に出会います。

それも、
イベントでもっとエコについて参加した人と話せるコンテンツってないかな?
と思って、「エコ ゲーム」で検索したという、お気軽さ。

自分が生きてきた道って、わかっているようで、
こうして整理していくと、
転機やらきっかけってあるものだなあ、とつくづく思います。

いよいよ次回は、まとめに入ろうかな、と。
ペタしてね

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/1181-aa9149be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。