こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
photo:01

こんばんは。
地球とこころを耕し 育つちからを支えるセラピスト
ここふわの山本玲子でございます。

じゃじゃーん(古い?)
魂の成長を促すタロット占い講座(たまタロ)
中級カリキュラムを修了いたしました


画像がナナメっているのは、私のゴキゲンに応じて(違うよ)

ナマたまちゃん(なんだか美味しそう)に会いたい!
たまちゃんの講座が受けたい!
オーサカに来る?これはチャンス到来?
私にも時機がきたんだわ♪

とテンションが上がりつつも、実はネックになっていたのは、
新しいカードを学ばなければいけない、ということでした。

もちろん、ただ、カードの解釈を学ぶだけのつもりではなくて、
「魂を成長させるタロットリーディングの方法」を学びたかったわけですが、

私が主に使用しているのは、ライダーウエイト版

The Rider Tarot Deck/United States Games Systems
¥1,792
Amazon.co.jp

―の流れを汲んだ、グミベアタロットちゃん

【可愛く、ゆる~いタロットカード ※日本語小冊子付※】グミベア・タロット/U.S. GAMES SYSTEMS, INC./U.S.A.
¥価格不明
Amazon.co.jp


そして今回の講座で学んだのは、マルセイユ版

T0019 【Tarots of Marseille】イタリア ロスカラベオ社製タロット・オブ.../Lo Scarabeo/Italy
¥価格不明
Amazon.co.jp

マルセイユ版のほうが歴史が古く、
ライダーウェイト版は、1910年に、イギリスの秘密結社による解釈に基づいて作られたもの。

ものすごく乱暴な言い方をすると、
カードなんてどれも読もうと思えば読めるものですし、
小アルカナ(数と種類のカード)が、
ライダー版は絵が、マルセイユ版は象徴の数が描かれている、
という違いがありますが、
象徴と数の組み合わせを読むということにそれほど大きな変わりはありません。

にもかかわらず、
今までと違うもの、未知なるものに触れることへの恐れみたいなものがあって、
たまちゃんの講座でなかったら、マルセイユ版を学ぼうなんて思いもしなかったかも

それだけでも、
私にとって、たまタロを学ぶということは、
私自身が苦手意識を乗り越える、成長の過程だったのかもしれません。

実際、感覚優位で、ほぼチャネリングに近い状態で読んでいたけれども、
(だから最近どんなカードでも使えたし、カードがなくても話ができた)
そこにカードの意味象徴やそのカードがその位置にある意味、
別の場所に出ているカードとの関連性などなどを踏まえて、
より伝わりやすく、説得力のあるリーディングができるようになるために学びに来た、
というカードが、講座での練習中にも出てきたくらいです。

そして、一緒に受講したみなさんといろいろなことをシェアする中で、
自分に足りないもの、得意な部分などが明確になってきました。

今でもプロとしてタロットでお仕事をさせていただくこともありますので、
それなりのスキルはあると自負していますし、ご好評もいただいている訳ですが、
実際、中級講座を受けてみて、
もっと、クライアントさまの魂の成長を助け、
その人らしい、人生を歩むことができることを応援できるリーディングのスキルをあげることができそうで、ワクワクしてきました☆

おかげさまで、昨日のリーディングの宿題は、1人分でよかったのに、
結局3人の方にモニターをお願いしちゃったくらいです

今度、占いのご依頼を頂いたら、マルセイユ版で占ってみようかな。
対面はもちろんのこと、Skypeでも承りますよ♪

魂の成長を促すタロット、
ご興味のある方はお問合せからメッセージをくださいね♪

ちなみに、講座修了後の打ち上げは、カラオケで熱唱♪
自分の魂を解放して表現するって大事。
最後までガツンと濃い講座でした。

ありがとうございます


ペタしてね



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/1199-f1401858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。