こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



おはようございます。
地球とこころを耕し 育つチカラを支えるセラピスト
ここふわの山本玲子でございます。

私鉄の線路がすぐそこだけど、結構住宅街の我が家。
目印があまりなく、
はじめて来ていただく方に、説明しにくいことこの上ない(笑)
そんな場所だから、夜になると、近所で飼っている鈴虫の声や、
お庭や茂みで鳴いているこおろぎたちの声がよーく聞こえて、
心地いい夜なのです。

それもこれも、エアコンを消して、窓を開けられるようになったから、
外のおとがよく聞こえるようになったのでしょうね。

さて、今日は、ちょっと静かな夜の雰囲気のある、
カップの8。

重なっている、でもどこか中途半端なカップに背を向けて、
どこかに旅立とうとする姿は、
そこにあるものが、何であれ、どんな状態であれ、
もう、興味はなくなってしまったようです。

飽きる、ということばは、悪いことのように思いがちですが、
もう十分に満足したときにも使います。
だから、もう、いいのだと。

まるで、子どもの遊びのように、
一時の興味が勢いよく始まり、続いたと思えば、
もう違う遊びをしている、というような、

積み上げられたカップも、そのカップを積んだことも、
どうしてこれが素晴らしいことだと思っていたのだろう?
と思うくらい、意味がなかった、無駄なことだった、と
思っているのかもしれません。

でもね。
世の中には、無駄なことなんて、なにひとつない。
その、無駄だと思うことをしたことが、
一つの経験として、自分に蓄積されていくのだから。

たとえそれが、周りの人からわがままで自分勝手だと思われても、
今日は、それを味わう日なのだから、思うままに、過ごしてみるのも、
いいのではないかと思います。

マヤ歴は、白い月の犬の日。
キーワードは
挑戦 極性を与える 安定させる ハート 愛する 忠実

この前、知人のヒーラーさんに言われたのです。
なんでも、極端を、極限まで味わうと、面白いよって。

意外と、極限までやりつくすってのは、難しいものです。
さて、どう弾けましょうか?

今日もお元気で
ペタしてね

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/1344-3329877a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。