こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ごきげんよう。
地球とこころを耕し 育つチカラを支えるセラピスト
ここふわの山本玲子でございます。

写真は、我が家の玄関先のバケツ(いえ、発砲スチロール容器)稲。
ご近所では、ちょっと有名?らしく、お声をかけられることもしばしば。

この日も、畑から持って帰ってきた、完熟トマトたちから、
玄関先に胡坐をかいて(笑)種を取り出していたら、

この稲、素敵よね、と声をかけてくださったご近所さん。

我が家の玄関先は、観葉植物ではなく、野菜ばかりで(笑)
今も、バジル、トマト、とうがらし、パセリ、ペパーミントが植わっているのですが、
季節ごとに、何か実がなったり花が咲いたりするのが楽しい、と、
ご近所さんがたまに見にきていらっしゃるそうなのです。

少し前にお引越しされてしまったご近所さんは、
私が仕事が忙しくて、世話が思うようにできないときには、
草抜きや水遣りもしてくださっていましたっけ。
今年のゴミステーションのお当番も、帰宅してから掃除したり、
息子にも夫にもお願いしたりして、なんとかやっていたのですが、
ある日、帰宅したらキレイに片付いていたことがあって。

見えないところで、たくさん助けていただいています。

そのご近所さんは、何故表に出てきていらっしゃったかというと、
犬の散歩のときに、ゴミステーションの立て看板の下に、
排泄物をそのままにしていかれたり、
カラス・ネコ避けに使っている網の上にもオシッコをするのだそうで、
そろそろお散歩に通りかかる時間なので、
掃除をしながら見張っていたそうなのです。

ええ、犬の散歩をされるのがどなたかもご存知だそうなのですが、
とりあえず、人の目があることで、気をつけてくれたらいいな、
ということのよう。

そんな話をしていたら、少し先の区画のご夫婦が通りかかり、
「マナーを守りましょう」の看板を持ってきてくださいました。

何でも、その方の区画でも、多分同じ方のお散歩のマナーに
困っていらっしゃったそうで、
区役所に行ったら、看板を何枚かくださったそうなので、
わけてあげる、ということなのだとか。

ものの5分くらいの間に、どこにつけるか、どうするかが話され、
あっという間に、看板が取り付けられました。

日中は、仕事のために家にいない=まちにいない私。
別に、組織があるわけでも、誰かに言われてでもなく、
そこに住む人たちで、いろんなことが話し合われ、対応され、
解決に向かって動いていく、その様子を目の当たりにして、
改めて、すみよいまちを、まちの人が作っていることに感動し、
また、感謝の気持ちが湧き上がりました。

まちづくりが云々、とは言いますが、
やっぱり、根っこはこういった住む人の気持ち、思いと行動なんだな
そしてそのつながりが支えているんだな、って思います。

私はその輪にはなかなか入れませんし、
若いし仕事して子育てしてがんばらな、と、
概ね年配のみなさまは温かい目でみてくださっていますが、
せめて、ご迷惑をおかけしないようにすること、
日々のご挨拶と感謝の気持ちは持ち続けていたいと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/1349-f68072eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。