こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


背が高かったり、大きくなると、何がいいの?
―たくさん獲れて、たくさん売れるから?
それなら、ここは大きくなくてもええね。
―大きいからって、たくさんできるものでもないらしいしね。

そんな話をしながら、畑作業。
石カフェさんの畑を手伝わせていただいてから、3年。
いろんな試行錯誤を加えながらも、無農薬、無科学肥料を守り続け
気がついたら、こんなに緑豊かな畑になりました。

この夏は、落花生とサツマイモ、大豆が育っています。



去年は、サツマイモができる前に、
イノシシにツルもろとも食べられてしまい、
今頃の時期は、荒れた畑を整えることから始めていましたっけ。

無農薬、無肥料はやっぱり無理なのかな、なんて思って、
黒マルチを敷いたり、有機農家さんから頂いた肥料を入れたのも、
このくらいの時期だったかも。

最初は、雑草は見栄えも悪いし作物の養分をとっていく、
なんて、全部抜いていたのも、
適度に刈り取って、保水や新たな雑草を生えないようにするための
「草マルチ」をはじめたら、
雑草に負けることなく、作物たちはすくすくと育っていきました。
葉っぱも虫に食われるけれども、食い尽くされることもありません。
今まで見かけなかった、ミミズを見かけるようにもなりました。

畑の中に、無駄なものなんて、ほとんどなかった。


冒頭の話の元は、綿の木。


本来なら、1mくらいあるらしいのだけど、
ここの畑の綿は、50センチあるかどうか。
だけど、実がいっぱいついています。

私達の身長が、みんな違うように、
本当の大きさなんて、わからない。
だけど、元気なんだから、それでいいじゃない?



トマトは、アスパラガスと一緒に植わっていて、ジャングルのよう。
週末が雨ばかりでしばらく足を運ばない間に、実が熟して落ちて。

アスパラガスも、トマトも、
このまま来年の春まで放ったらかしにしておけば、
勝手に種から目が出るはず。
種は、生まれたいときに、芽をだすのだと思う。
自然農をしている人から、教えてもらった。

自然農?
ちょっとだけ見聞きしたことはあるのだけど、
ちゃんとした畑はみたことなくて。
でも、そんな感じに近くなってきたかもしれません。

それにしても、畑は、いろんなことを教えてくれます。
私たちの心の畑も、子育てや、仕事を起こしたりすることも、
全て、メッセージは同じ。

来月あたりは、収穫祭。
ええ、期待するほど豊作にはならないのが常ですが(笑)
それでも、命の輝きと恵に感謝するには充分だと思います。

ペタしてね

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/1350-2a409818
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。