こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ごきげんよう。
あれからもう1週間たってしまったのですが、
リベルタ学舎さん主催の
ドキドキ♡マヤカル・ミステリー・ツアーに
参加してきました。
写真は、リベルタ学舎さんから拝借させていただきました。
恐れ入ります。



マヤケーブル駅から出発して、まずは、アスファルトの坂道をぐいっと登って



摩耶山天上寺までの距離を「丁石(ちょうせき)」で示しているのだとか。
1丁は109メートル。煩悩よりちょっと多い。
ところどころ、崖に落ちたりしてなくなっているそうで、
これを発見したら、国宝級なのだとか。
かといって、崖に降りる気にはならないけど。



どんどん上って。
摩耶山の特別保護区は、町から1時間ちょっとで行けてしまう、原生林。
厳密にはそこに落ちている木の実や落ち葉なども持ち出し不可とのこと。
尾瀬と同じだそうな。びっくりです。
守られている感、満載。


途中、マヤ遺跡(笑)を見て。
ちょうど、「華麗なる一族」の時代には、ここも華やかだったのだろうなあ、
なんて、フィクションとノンフィクションの間を彷徨い…



虎ひしぎなる技の手ほどきを受けると、こんな階段がすいすい登れてしまう不思議。
以前、教えていただいたあと、私は朝の通勤で活用させていただいています。
誰より早くホームの階段を駆け上がって乗れるんです。1本早い電車に(笑)



中腹からみたコウベは、PM2.5でかすんでいました。
この日は、山頂もかすんでいました。



灘のイタリアンレストランさんにお願いして作っていただいた、という、
血と肉、三途の河の砂をイメージした「三途イッチ」。
ちなみに、パンズの三角も、頭巾のイメージですね。



一服した後の、天上寺さんでの座禅は、
何もしなくても無の境地に(寝ていただけだろう…)
最近ちょっと仕事であっぷあっぷしていた私は、かなりスッキリしました



そして、副住職さんの、ありがたくぶっとんだ!お話を伺いました。
こんなお説法なら、わかりやすいし、ものすごく心に響きやすい。
翌日、私は図書館で真言宗や空海、観音様の本を探して読んでいます。
あー、恐れ多くも観音菩薩の御心に触れていたかったんだ、私。

帰りに、湧水を汲んで、記念写真をとって、解散。

灘の達人、慈(うつみ)さんのガイドで、
また、コウベ、灘の魅力をたくさん教えていただいて、
身体も心も大満足な1日でしたよ。
その道のプロ(本当に道のプロw)の方がいらっしゃると、
こうも山がまちが魅力的になるものか、と思いました。


今後、月1でイベントがあるようですので、よかったらご参加くださいませませ。


ペタしてね

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/1542-206672a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。