こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ごきげんよう。
地球とこころを耕し 育つ力を支えるセラピスト
ここふわのまや翠でございます。

今日は、あきさんの勇気づけELM講座を受講してきました。
なんとまあ、あきさんのブログに私の感想載っちゃったよ(笑)
照れちゃう
(*^.^*)

最近、講座を受けるなんてとんとご無沙汰だった私が、
急に(文字通り)受講しようと思ったかといえば、
まず、お友達が、「あと1名」ってこの講座の募集をシェアされていて、
多分、アップしてすぐ見た私は、ああ、最後は私だな、と思った、
という妙な思い込み(笑)

あ、でも、受けたいと思った理由はあるのです。
私のスタンスとして、Everything OK!で、
例えば、不倫、浮気、犯罪、不正その他諸々、どんな話を聴いたとしても、
へー、ほー、ふーん、とまるっと受け止める自信はあります。

セラピストやら占い師やら、人と関わる仕事をしていると、いろんなことを見聞きしてきたので、
まあ、びっくりすることはあっても、さほど動じなくなりました。

ただ、それに対して意見を問われると、私には理解できないけど、ということはギリギリ言えても、
私はこう思う、こうしたらいいのにというのはとってもニガテなんです。

それって、ある意味、冷たい気もするのですよね。
聴いていても、結局、当事者の問題、アナタ次第だし、関係ないわ。
と、あと一歩、相手の懐、心に飛び込めていないかもしれない…
なんて思うことは多々あって。
それが原因だと思うのだけど、正直、世間話が苦手です。
だからどうしたの?って思っちゃう。

それでも、熱い思いがたぎったときは、まるで自分のことのようにのめりこむ、
この極端さ。
ちょうどいい距離とか関係って何だろう?ってよく思うのです。

仕事でも、子育てでも。

あともう一言が、言えない。

…と思っている。

今日、受講する前に、息子の日曜参観があって。
お友達ママと子供の話をしていたときに、
「そんなことも話してくれるなんて、ええやん」
って言われて。

前思春期の時期にさしかかって、親に話さなくなることもあるけれども、
息子がまだ私に聴いてほしいって思って幼いだけじゃないかな?
って返したのです。

そして、受講する前に、あきさんとお話をしていたときも、

「お子さんとしっかりコミュニケーションがとれているんですね」

と言っていただいて。

言っていただいていることを否定するのは申し訳ない、とは思うのだけど、
私には、あまり実感がないのです。

たまに、逃げ場をすべてふさいで畳み込んでしまうくらい叱りつけるし、
お母さんは、いつも話をちゃんと聞いてくれないって言われるし、
息子にも、仕事やプライベートでも、伝わっていないなあって思うことはあるし、
その自覚はアリアリだし(笑)


…でも。

これって

私が、自分を認められていない、自分に自信を持てていないだけ?

もっと、と、ちゃんと、ばっかりで、
間違えたり失敗したりするのが怖くて、
結局、コミュニケーションのスキルよりも、

それをOKとする自分の軸がしっかりしていないのかも?

…なんて講座を受けながらふと思ったのだけど、
感覚的に、持っていたのだと思います。
それが、何とかなればいいなあ、なんて思っていたから、
「あと1名」にピンときたのだと。

これから、何回かにわけて、学びを進めていきます。
今までの学びと重なるところもあるけれども、
今までは、たとえばセラピーやセッション、仕事で、という外向きな目的が、
今回は、自分に向かっているような気がする分、また違った展開になりそう。
とても楽しみです。

ブログも、こんなこと書いたらダメ?なんて思って
本来はない「正解」を書こうともがいてかけずにいたところはあるのだけど、
こうして、すらっと思ったことを書いてみてもいいかなあ、なんて。
伝え方や書き方っていうのもあるのでしょうけど。
表面より、中身で、しばらくはいろいろ書いていけたらいいなあと思っています。



ペタしてね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/1550-4358f99d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。