こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミドリ部ブログも更新しています。



ごきげんよう。
このたび私、ミドリ部長に就任いたしました。

「近くで、学童保育をしたい知り合いがいる」
と、リベルタ学舎さんのことを友人から聞いたのは2年前?
当時、学童保育指導員だった私としても、どんなところ?って興味がありましたが、
そうした本業ではなくて(笑)
自由に生きるための知恵と力を高める学びの場、というコンセプトが響きまして。

イベントにたくさん参加しているわけではないのだけれども、
何だか面白そうだと思って「農と養蜂と古武術イベント」だけは行きたい!と、
仕事帰りに必死のぱっちで参加して、養蜂家?ミツバチ助け隊の野元さんから、
「これあげる」と、ニホンミツバチの巣箱の一部と釘を受け取ってしまったのです(笑)

人から頂いた、タマシイのこもったものは、無駄にはできない。

帰ってすぐ、買った本「家族になったニホンミツバチ」にあった、巣箱の寸法と枚数を、
その少し前に知り合った、カホンプロジェクトのヤマサキさんに発注し、
その3週間後には、巣箱を作ってしまった…
場所も時期もまーったく考えずに(笑)
ええ。今、我が家の倉庫で眠っておりますが。何か。

久しぶりに、後先考えずに、突っ走ったあたりが、湯川カナ女史の目にとまったようで、
「農業やらない?」というお話を頂いて。

私が石カフェさんの畑でさせていただいていることも、玄関先菜園も、会社菜園?も、
それを「業(なりわい)」にしたくてやっている、というより、
(いえ、いずれ、仕事にするために学びたいとも思ってはいるのだけど)
生きる力を支える、それは、(主に)野菜を育てるだけではなくて、そのまわりにいる、
虫や鳥や動物(ええ、イノシシに文字通り根こそぎやられたことがあるのです)、
微生物、土、水、太陽…自然の全部の関わりと共に生き、恩恵を受けることを、
体現するためにしているような気がしていたのです。

ただ、収穫を増やして、それを私たちの食糧として…
自給自足が云々…
なんて話ではなくて、もっと大きくて広くて深い。

だから、週に1回足を運んで、それ以外は誰かが世話をしたりしなかったり…
というよりも、身近なところで、それを感じられたらいいなあ。

と、いろいろあって、ミドリ部、となり、ミドリ部長となったわけです。

第一、農業部長、なんて肩書きを頂けるほど、私、何も知らないし(笑)
本当に、種をまいただけ、に近いことをしているのだから。
あとは、いつも、太陽と水と風と虫が何とかしてくれるのだから。

その基本にあるのが「土」で、
ミドり部では、その土のお話からスタートします。

【おうち緑化計画~生き物を育む『土』がわかる基礎講座!】

日時:9月21日(日)10:00~11:30
場所:リベルタ長屋「海運堂」
(JR住吉駅徒歩3分※参加される方に詳細をお知らせいたします)
会費:1000円

よかったら、ミドリ部ブログから、お申込みしてくださいませませ。


ペタしてね

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/1604-6bc803bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。