こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ごきげんよう。

ミライ・ノ・ソウゾウPROJECTに参加している学生たちが、
彼らのグループのプレゼンの資料?にしたいとのことで、
「社会人×学生おとなバル/なりたい自分を見つけるぞ!社会人の経験談インタビューtime!」
という会を催してくれました。

学生が、社会人に趣味や気になること、仕事のことなどをインタビューして、
それを他己紹介の形で発表する、というもの。
なかなかオモシロイ試みでした。

もともとは、何かやりたいねえ、という、たまたま集まった女子のおしゃべりの中で
(「公開企画会議」っていうちゃんとした名前だったけど)
とりあえず、飲もうよ、という提案があり、
子連れでも気軽に飲める会が、不定期で催されている飲み会があって。

飲みたい人が、声をあげて、都合がつけば行く。
そんな緩い会ではあるのですが、なんてことない話でも、参加しているメンバーそれぞれのバックグラウンドを垣間見ることができるのは、何かしらエキサイティングではあります。
なにより、そう。おばちゃんたちは(いや、おねえさんか)しゃべりたい(笑)
女子の情報収集能力は、こういうところで磨かれるのだから。

そんな会に目を付けた学生たち。
ええ、見どころあると思う(笑)ええ経験してるよ。

彼女たち、彼らのインタビューや話を受けて、思ったのです。

子供がいる女性が集まると、「ママ会」
働いている人は、「社会人」

彼女たちは、私たちを、そのように見ているのだって。

私たちは、「だからあ~ママ会じゃないんだよね」って言うのだけど、

こういうことって、何も昨日だけじゃないし、この集まりだけでもなくて。
一般的に、こういうカテゴライズをされることも、
そこには価値を置かれることも、よくあるし、
自らを、「働くママ」という価値感の中に置くこともありますよね。

そして、話にも、その「ママ」で「社会人」というフィルターがかかります。

どんなお仕事をしているのですか?と私に聴いた学生は、
「社長のいじられ役と、年下の上司からの人生相談」
という私の回答を華麗にスルーし、書類を作ったり、整理したり、という部分や
仕事で気を付けていること、会社で目指していること、
といったことを、ピックアップしていくのです。

「社会人の経験談」として、聴きたかったことが、その範囲なのだから、
インタビューは、それでOK、無問題なのだけど。

なりたい自分、見つけられたのかな?

なんて、ふと思うのです。

長く生きていると、

保険代理店のまや翠さん(→あ、ここではセラピストネームね)
セラピストのまや翠さん
そこの角に住んでるまや翠さん
○○くんのママのまや翠さん
○○大学出身のまや翠さん
○○さんの息子さんのお嫁さんのまや翠さん
○○さんの奥さんのまや翠さん

って、いろんな「顔」があって、
それぞれの「顔」を、そこで求められる「顔」でいるわけだけれども、
全部ひっくるめて、私なわけです。

あるカテゴリーから入っていって、どこまで人を知ってもらえるか、
そして、どこまで人を知ろうと探れるか、
何が心に触れるのか、何に心が触れるのか。
そこから、何を聴いていくのか。

この日は、ママで、社会人の私の顔をしたのだと思います。
求められていることをした。
だけど、違う自分が「ママ会ちゃうしー、社会人ってひとくくりにされても~」
なんて思ったりしながら(笑)

学生たちにフィードバックをしたとき、質問下手、というコメントに、
私も、そう思う一面はありました。

もっとさ、貪欲になってもいいと思うんだ。
「社会人」だからキレイな敬語を使う、とか、
ビールの酌をしなきゃ、とか。それも大事なんだけど。
失礼やなあ、ずうずうしいなあ、と思われるくらい、の「熱さ」が
あってもいいんじゃないかって思う。
まだまだ、失敗はできるんですよ。
私らおばちゃん(一部おっちゃん)に粗相したところで、
なあんの×もつかないよ。

じゃあ、ダメだったかといえば、そうでもなくって、
「社会人」で「ママ」とよばれる私たちも、
大したことない人生でも、ちょっと長く生きてきただけで、
それなりにいろんな経験をしてきて、いろんな思いがあるものだなあ、とか、
自分が経てきた年齢を感じたわけで(笑)

なりたい自分へのロールモデルになる人がみつかる人もいれば、
人の言動から、自分の今に気が付くこともあったり、
そんないろんな経験ができる場所がある、ってことはいいことだなあ、
そういう懐の深さと広さと暖かさがある、あの飲み会は、
やはり、「母親的」なのかもしれない、なんて思った夜でした。


ペタしてね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/1620-7878d8fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。