こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の中学校生活がはじまって、2週間。

朝が早いこと。
混んでいる電車に乗ること。
慣れない靴でくつずれが痛いこと。

学生数は、小学校のときとほぼ同じなのですが、
人間関係をほぼ1から作っていかなくてはいけない不安を口にしたり、
歯ブラシをくわえたまま、布団に突っ伏していたりしたことも。

緊張の面持ちで出かけ、疲れて帰ってくる。
過度な緊張が、注意力を散漫にするようで、家の鍵を忘れたり、持ち物を忘れたりと、いろいろなことがあったここ1週間でした。

そういえば、毎年、春になると、精神的にやや不安的になります。
かかりつけのお医者さまに診ていただいたら、案の定5月病で、
「しっかりしろ!」と背中をたたかれたのがいい薬になったことがありました。
そんなわが子の姿に、わかってはいてもどこかで落ち着かない私がいました。

実は親としてここさえ押さえておけば、まあいいか、と思えないくらい、
過剰な不安を持っていた私。

彼は、それなりに頑張ったとは思うのだけど、
失礼ながら、それまでの成績をみるにつけ、予想外の合格で、
わが子がここに通っていることに、保護者だということに、
親子ともに本当にやっていけるのだろうか、とプレッシャーを感じていたりして。

といったって、受験中に私がしたことといえば、塾代を払っただけのようなもので、
勉強なんて一切見たことがなかったし(夫はたまに見ていましたが)
送り迎えなんて一度もしたことがありません。
自分がやりたいのならやればいい、
ただ、そう決めたなら、中途半端なことはするな、と言い続けただけ。

多分これからも、そんな感じで、
ともかく彼のいろんな意味での生きる力や突破力を、
たまに檄をとばしながら、はらはらどきどきしながら信じる、という、
親としての頑張り時なのかもしれませんね。

今日は、保護者会もあって、早く下校した息子。
宿題もない(終わっている)ので、図書館に行き、帰りに近所の公園でバスケットボールの練習をしてくる、と夫に告げて家を出ていったのだそう。

夕方に、突然切れてしまった歯科矯正のワイヤを治しに、歯医者の予約を入れていたのですが、
案の定、予約の時間が近づいても息子は家に帰ってこず、夫が公園に見に行ったのだけど、いなくて。

今日もまた行方不明か?と思いつつ、歯医者さんに連絡を入れたら、
来ていますよ、とのこと。

おおおっ!すげーな、わが子(笑)と、夫婦ともども、驚きました。

心配だったのは、忘れていて行かなかった、という前科があったからなのだけど、親が思っているよりも、いろいろ考えてできちゃうものなのですね。
さっそく、いい経験になりました。

私にも少し余裕ができると、息子とも話がしやすくなります。
落ち着かないときは、聴くつもりが、「聞く」、「訊く」になるのでしょうね。

可愛らしいもので、
小学校の友達がいれば会いたいから、といって、
学校の帰りに、近所の公園を通って帰ってきているのだとか。

今日も、公園でバスケットボールの練習をしていたら、お友達に出会って
しばしおしゃべりをしていたそう。
それで遅くなってしまって、直接歯医者に行った、ということのようです。

行動範囲も広くなり、親の目がより届かなくなることが増えてきました。
何度か、近くの実家や友達の家に電話をしてお世話になったことも。
自分で考え、行動するとはいえ、そこはまだ中学生。
子供の判断に委ねつつ、「報連相」をする習慣をつけようと思います。

ついに、携帯デビューもしそう。
外に持ち出してできるのは電話だけ、ネットにつなげられるのは、家の限られた場所と時間だけ、
というきまりを、子供と話し合いながら作っていこうと思っています。

春はまだはじまったばかり。
期待も不安もありますが、まずは、地に足をつけて生活できるよう、
落ち着く、ということが一番大切な時期かもしれません。


ペタしてね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/1730-5ef2e009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。