こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
契約
(イメージ画像です。個人の保険のお申し込みは、最近署名が大半ですよ~)

ごきげんよう。まや翠です。

プロフィールにも書いているとおり、私は、保険代理店で事務員をしています。

たまに(いえ、結構)facebookで、仕事のことを書き連ねているのですが、
そんなつたなくくだらない経験談から、読んでくださっているお友達が、
保険のご相談、ご依頼をしてくださることがあるのです。

もっと早く教えてほしかった…と言われそうですが、
この10月に、火災保険が大幅に改定されます。
(所在地や構造、補償内容によって、保険料が大幅にアップする場合もあれば、
ダウンする場合もあります)

そのため、今月は、主に、大幅アップが見込まれそうなお客様を中心に、
保険の見直しのご案内の大詰めの時期になり、多忙を極めている、
というような書き込みをしたら、

このたび、生活とお仕事の拠点を、プロダクトの原材料となる良質の檜の生産地である
鳥取県八頭郡智頭町に移された、turnover鈴木さんから、
ご自宅(と仕事場)の火災保険を承り、今日、お申し込み頂きました。

turnoverさんは、以前、
仲間たちとキャンドルナイトのイベントをしたときに、カホンプロジェクトにご参加の
シェアウッズ・ヤマサキマサオさんに
ご紹介いただいたのです。

きっと私が大好きであろう、緑多き、移住者を積極的に受け入れていらっしゃる智頭町や
鈴木さんが今のお仕事を始めるに至った経緯、そしてこれからの展開のお話が、
非常に魅力的で、お声をかけてくださって本当にうれしかったのですが、
今回のご依頼は、遠方の弊社でお引き受けするよりも、地元やお近くでご契約されたほうが…と一瞬迷って。

上司に相談して、万が一のことがあっても、大手の保険会社ならば近くに支社やセンターがあるので、
ちゃんと連携はとれるから大丈夫。せっかくご依頼いただいたのだから、お受けしてみれば?
と背中を押してもらい、何よりも、ご依頼くださった鈴木さんが
遠方ではあるけれども、知っている人のところでお世話になりたい、とおっしゃってくださって、
ではしっかりとお応えしようと、お見積にとりかかり、今回のご契約に相成りました。

保険を取り扱うにあたり、営業でも事務でも、同じ募集人という資格が必要で、
これでも、損害保険プランナーなどという認定資格を取得していますが、
営業ではなく、事務員の私がここまでできるのは、たくさんの人の力添えとご縁のおかげなのです。

社長には、入社当初から、見積や申込書をただ作るだけじゃなくて、自分がお客様に説明するつもりで持ってこい、
と、何度もやり直しをさせられたし、
上司は、入社して早いうちから、いろいろなことを任せてくださって、お客様と直接お話しする機会もたくさん頂いています。
今では、上司を飛ばしてこっそりご依頼があったり(笑)、お電話でずうっとお話してくださるお客様もいらっしゃいます。

今回は、作った見積を、保険会社の営業さんが見てくださって、
「この部分はこういう風にご案内したほうがいいです」
「こちらについては、この部分で補償されるので、説明されるといいと思いますよ」
と、丁寧にレクチャーをしてくださり、
上司からも、僕はこういうところにポイントを置いてお話しているよ、とアドバイスをもらいました。

私が初めて経験するお手続きについても、
先輩が、それならこうしたらできたはず、と教えてくださったことをもとに、
保険会社の業務担当さんに問い合わせ、準備ができました。

実は、契約ごとは、今回で3件目になります。
その都度、希望や要望をしっか聞いて、必死で勉強して、教えてもらって、また勉強して。
これで大丈夫、と思っていても、後々になってお手数をおかけしてしまったこともあります。

こんな私を頼ってくれるお友達、お知り合いのみなさま、
サポートしてくれる会社や保険会社のみなさん、
たくさんの人のご縁と思いと協力があってこそ頂けるご契約。

そう!縁といえば、
実は、以前、turnoverさんの圧縮檜のブックマークを、
私が社長から小説を借りたお礼にプレゼントしたんですよね。
こんなところから、もう弊社とのご縁は始まっていたのかも。

それにしても。
お役に立てたのはうれしいけれど、いつでも引き受けた重みに緊張しています。
正直なところ、契約を頂くごとに、3倍、10倍、と保険料があがっていくことにも、
若干ビビり度も増しています(笑)

私、やっぱり営業には向いていません(笑)契約できた!なんて喜ぶより緊張が…
という私に、保険会社の営業さんが、メールで
「大丈夫です。その緊張感が、お客様への誠意につながっていますよ」
とメッセージをくださいました。

自分が直接契約に関わる、関わらないを問わず、
この気持ちは、忘れないようにしたいです。
私が作っている見積書や提案書、請求書の向こうに、安心と信頼がある。
引き受ける重みがあるって。

ご契約を通して、またひとつ、学ばせていただき、
シアワセにお仕事させていただけることをかみしめることができました。

失敗したり、かつて占い師やセラピストをしていた頃に知り合った方々のご活躍が
懐かしくもうらやましくも感じてばたばたともがきながらも、
こうした積み重ねをこの先10年はお仕事を続けていくつもりです。

保険のご依頼?
こんな私でよろしければ、ご相談くださいませ(笑)

ありがとうございます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/1750-390449c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。