こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3ae9558d49b0c23146f1057b5f1f53f7_s.jpg


イザ!カエルキャラバン@魚崎に、ひょんなことからボランティアとして参加してきました。

いろんなところで、ほんまに人、来るの?って声を聞いていたのだけど、
イベント終わり頃には、会場の窓を開けても、酸欠になりそうなくらいの熱気で、大盛況の中、終了したようです。
ここは、まだまだ児童数が全国で3本の指の中に入る地域なのよね。

すごいなあ、と思ったのは、
地元の中学生(息子の同級生含)、高校生(後輩たちでなんともう69回生なのだとか!)、高専生、大学生、
地元の防災福祉コミュニティーのおっちゃんおばちゃんたち、子連れママさんNPOのみなさん、
そして、私のように、ひょんなきっかけで縁あってお手伝いをしているボランティアさんなど、
すっごく幅広い世代が1つのイベントに関わってできている、ということ。

全体を統括する人はいるし、事前のミーティングでそれなりに活動の共有はできていたとしても、
それぞれが、それぞれの持ち場で、指示を待つことなくできることをやってできているあの場は、
スタッフだけでなく、参加してくれる子供や大人もみんな含めて、
社会そのものだったのではないかと思います。

「世界は誰かの仕事でできている」
という某缶コーヒーのCMがあるけれども、そんな感じ。

前から、関わってみたかった活動ではありましたが、
防災、エコ、リサイクル、コミュニティすべてがデザインされている素晴らしい取り組みでした。

そう。防災教育の必要性をうたって、しっかりと知識を身につけるために話を聴く、というよりも、
こうしたゲーム感覚で取り入れると、その体験の中で何か、記憶に残るものってあると思います。

私が今度開催する【エコロジカルシンキングゲーム】も、同じ。
自然や環境や生態系を、頭でちゃんと理解しようとすることも大切ではあるのだけれども、
実際に、自然の生き物になりきって体感してみることで、より人の記憶に残るんです。
ほら、ある世代の人にピンクレディーを歌わせたら、振付も歌も全部覚えている、そんな感じ(なのか?笑)
行動と記憶は、密接につながっています。

いろいろな体験、してみましょ。

【日時】2016年2月13日(土)13:30~15:30

【場所】AT NOW (地下鉄御堂筋線東三国駅徒歩5分)
※お申し込みを頂いた方に詳細をお知らせいたします。

【参加費】2000円

【お申込】facebookページからお願いいたします。
https://www.facebook.com/events/797417983696512/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/1766-55cda5d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。