こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうすぐゴールデンウィークが終わる。
やり残したことは…案外ないかも(笑)
あっという間でしたが、楽しく満喫いたしました。

明日から仕事です。
本格的に動き出すのは、来週からでしょうが、
だからこそ、明日の過ごし方って、大事かもしれない、とも思っています。

ネットでニュースをザッピングしていたら、こんな記事を見つけました。

町工場に新卒、社長ブログが話題に 「ミラクル起きた」にネット共感(福井新聞2016.5.5)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/economics/94850.html

前の記事でも書きましたが、
勤め先の保険代理店では、ただ今絶賛新入社員募集中。
…なのですが、
最近は、「売り手市場」で、求職者よりも求人数が多く、
応募多数の企業と、ほとんど応募がない企業の二極化も進んでいるのだとか。
残念ながら、弊社は、後者かも。。。

3年前、私が採用されたときには、10数名の応募があったそうですし、
決して悪い条件ではないと思うのだけど、
時代が変わると、本当に変わるものなのですね。

採用も、マーケティングは必要ですね。
今回、私は、求人の募集書類の作成や申し込みを担当させてもらうことになり、
まず、同じ、または類似した職種の求人数、応募している人の数、平均年齢、希望している給与を
ハローワークの担当者さんに教えていただくと、
私たちがそんなに悪くはない、と思っていた求人ですが、応募が少ないのも何となくわかってしまいました。

だからといって、会社の場所、給与はそう簡単に変えられませんし、
規模も、これから大きくしたいけれども今すぐに改善できる部分ではありません。
仕事内容などその他の魅力を感じてもらうしかないのです。

ハローワークの求人の場合、担当者さんと相談して、以前の文章と差し替えたり、加筆したりと、
仕事内容や備考、特記事項欄を最大限活用してみましたが、
先に紹介した記事でも書かれているように、もっと、会社が求めている人に届くような、
弊社をわかってもらえる工夫が必要だと思います。
求人広告を打つ、というのも一つの手かもしれません。

…ということを、アラフォーで保育職から転職して3年目の私が、
上司に提案して、予算がつけば動けてしまうのが、弊社の特徴です。


ホームページの作成も、社外に広く会社を知っていただくためのツールの一つ。
最初のやりとりと決済は上司や社長がしますが、コンテンツの相談や制作会社さんへの指示、
保険会社とのコンプライアンスチェックなどのやりとりは、ほぼ私がしています。

会社の雰囲気がリアルにわかるような、ブログやSNSも取り入れたかったのですが、
今の体制ではそれを業務としてするほどの余裕がなくて、認めてはもらえませんでした。
まだまだ本来業務でいっぱいいっぱいになる私自身の至らなさを痛感しています。
これからの課題ですね。

そんな感じで、日ごろの業務の中で、疑問点や課題を見つけ、提案したいことがあれば、
やればやるだけ、きちんと聞いてくれるだけの土台がありますし、
いろいろな経験に比較的簡単に手が届き、かかわれることが、
小規模の会社で働くことの醍醐味だと思います。

仕事を振ることができる人が限られるので、煩雑になる、という側面もありますが、
手間を惜しまずそれをどうやりくりするか、楽しいと思えるかどうかが、
弊社で働くことが合っているかどうか、というポイントかもしれませんね。

…さ、明日からまた、頑張りましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/1774-9927c9cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。