こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
goal.jpg

書こうかどうか、迷ったのですが。。。

私は、コーチングが、嫌い(苦手)です。

いや、10年前、コーチをつけていたときは、
本当によかった、と思うことがいっぱいありましたし、
先日のお試しセッションも、自分の思い込みや思考癖がわかって、
なるほど、と思ったのです。

だけど、今の私は、コーチングを受けようと思わなかった。

先日、ある飲み会で、ビジネスコーチをしている人に、
思い切ってぶつけてみたのです。

そこで、わかったことがあります。

一番大きかったのは、
コーチングスキルを学んで使っている人との会話に嫌気がさした経験が、
苦手意識を生み出した、ということ。

「聴く」ためのスキルなはずなのに、スキルを試している感が満載で、
学んだスキルを使ってみたいんだろうなあ、聴いてくれてないなあ、
って思ったことが何度もあるのです。

最近は、言っても最後は前向きに終わらせるようにしている愚痴も、
かつては、悩んでるのよねえ~とぐちぐち言ってしまうことがあって。
別に解決したいわけではないのに、コーチングの手法を使って、
「それは何が原因だと思う?」「本当はどうなりたい」なんて言わても。。。

あと、その「伸ばしたい」「よくしたい」という思いが強すぎて、
コーチとして、私の言葉をとらえるまではいいのですが、
それならこうに違いない!と、気が付いたら本当に私が考えていないような方向に話を進めていかれた(進んでいったのではなく)こと。

これって、コーチングを学びました、という人だけでなく、
仕事でコーチングやってます、という方で、そういった方がいらしたのは、
残念ながら事実ではあります。

正直、うんざりしますし、
今、私はあなたのクライアントではないんだけどな…みたいな。

コーチングって、「やってあげる」ものではなく、
課題を解決したい、目標に向かって進みたい、と思って、「何とかしたい」
と思っている人にするものだと思います。
たとえ、コーチングすれば、この人はもっと伸びる!と思ったとしても、
本人が、変化を求め、それを手助けしてほしい、と思わなければ、
百害あって一利なしだと私は思うのです。

話を聴いてくれた、ビジネスコーチさんはおっしゃいました。

コーチという仕事をしていると、相手が発する言葉には敏感で、
その言葉をクライアントさんが使うのは、本人も気が付いていないような、
理由があるのではないか、と、どんどん質問を続けるんです、って。

それはわかります。
占いをしていても、クライアントさんの言葉には反応してしまいます。

私は、その「質問」が、怖い、と思ってしまうことがあります。
何かに気づきたくない?それもあるのかもしれません。
変わること、今の自分が想像できない未来がある、ということに気づいて、
ビビっているのだとも思います。
その恐怖が、「そこに行きたい」という気持ちより勝ったとき、

私の気持ちを置き去りにして勝手に進められてのではないか?

という疑念が出てきてしまうのです。

簡単にエネルギーとかって使いたくないのだけれども、
聴きますよ、という姿勢から、松岡修造ばりの(笑)
「あなたならできますよ」「これで変われますよ」
というような、熱い思いの中に、
変わる方向に導かなきゃ、何か引き出してつかんでみせる!みたいな、
それってベクトルが自分自身に向いていない?
という作為的なエネルギーとか駆け引きを少しでも感じてしまうと、
私の心は、静かに閉じていくような気がします。

気づかないことに気づいて進んでいくプロセスだからこそ、
小さな問いの繊細さが、とても大事になってくるのではないでしょうか。

さて、ここで、コーチングらしい質問(笑)

「じゃあ、どうしてほしい?」

私の発したその言葉には、何か大事なことが隠されているような気がする、
だから、その言葉について、私の思いをもう少し聞きたい。質問したい、
と言ってもらえれば、安心して答えられたのかもしれません。

そして、私自身も、もやもやしながら進んでいくときに、
「その質問の意味や意図がわからなくて答えづらい」
と言えたらよかったのかもしれません。

先日も、某所で、コーチングスキルを紹介されていて。
周りの人は、いっせいにペンを取り出してメモをとっていたのですが、
私の違和感センサーが働いて、メモをとる気にもなれませんでした。

人と人のコミュニケーションは、スキルを知っていれば円滑だけど、
コーチングスキルは、相手に寄り添うフリをして、人を動かすスキルではない、ということ、
双方の合意があり、向き合える(いや、同じ位置で同じ方向を向く、という意味で、同じ目標に向き合える)ことが大事なのでは?
という思いを強くしました。

できれば、その、双方の合意を形成するところを、
実は激しい人見知りの私は、もう少ししっかりしてほしいなあ、
なんて思うわけで。

タイトルは、嫌い(苦手)と書いたけれども、
結局は、嫌い(苦手)だと思い込んでいる中に
私自身の課題が多分に含まれているわけで、

そんなこと言っちゃいけないのかな?
コーチングを嫌いなんていう私は、進歩できない人なのかしら?
なんて思って、押さえこんでいた気持ちのまま上書きしようとするけれど、
上手くいかなかっただけで、
ちゃんと「苦手なんです」と言えたことで、
解決の糸口を見つけられたような気がします。

あ、ちなみに、ビジネスコーチさんから、

山本さん、コーチング受ける必要なさそうですやん。

と言われました。
ええ。結局、セルフコーチングをしてしまえるようで、
もっと効率よく?スピードが出て、やりやすい方法が別にあるのかもしれなくても、
私が、納得してそうするなら、コーチはいらないっしょ?と。
いや、違う視点はほしいんだけどね。

書けたことで、ちょっとスッキリしました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/1784-29c70dd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。