こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13925287_1093393710748553_1004162708339906152_n.jpg

ごきげんよう。
息子が学校のキャンプで不在の間、早めの夏休みを頂き、
夏休みを満喫しておりました。

楽しいこと、うれしいこと、考えたこと、
本当に満喫できた夏休みだったので、
これからぼちぼち、ブログに綴っていこうと思っています。

まずは、私の夏のはじまりになった
息子が小さいときに知り合った友人たちとの食事会。
割烹で大人だけの時間を楽しめたのは、私たちのささやかなご褒美でした。

出会ったころの話から、その日は会えなかったけれども、懐かしい人たちの近況、大きくなった子供たち、その周辺のいろいろな出来事など、
話は尽きなくて、閉店までめいっぱいおしゃべりしました。

実は、息子がキャンプに行く前夜だったのですが、
早めに用意をしていたし、親がとやかく口や手を出さなくても、
自分で考えて準備できる年齢になってきたからできたことかも。

でも。
食事をしながら、息子たちの前に出発し、帰ってきたグループのママが、
LINEでお子さんの感想や、持ち物などのおすすめを教えて下さったものを、
そういえば結局用意しなかったわ、とふと口に出したら、
息子の1学年上のお子さんのママが、
「それならうちにあるから、帰りに寄ってくれたら貸すよ」
と言ってくれて。
おかげさまで、息子はとても快適なテントライフを送れたようです。

そんな話をしていて、言われたことが、とっても胸に突き刺さりました。

「働く母親のキャリアアップだとかスキルアップの講座やイベントはたくさんあるけれど、自分や子どもが住んでいる地域に特化した集まりって、すごく貴重だと思う」

子どもがまだ小さくて、どうやって働き続けようか、
途方にくれたこともあったあのときも、そして今も、
こんな感じで、近所のママ友、身近なママ友のみなさん、
そして地域のみなさんに、私は何度も助けられています。
直接なにかしていただいた場合もあれば、
おしゃべりしていてほっとしたり、私も頑張ろうと思えたり、
いろいろです。

最近は、SNSも発達しているので、必ずしも、仲のよいママ友が近くにいなくてもよくなっているのかもしれませんが、
それでも、お互いの顔が見える関係を築いていく、ということは、
親にとっても、子どもにとっても、まずは安心、安全な「暮らし」を手に入れることができるための1つの大事な要素だと私は思っています。

奇しくも、この秋、
私が住んでいる地域を中心に活動している、働く親のサークルで、
働く親、働きたい親が集まって、この地域ならではの情報交換、
意見交換ができる仲間づくりができるようなイベントを企画中で、
先日、開催のための助成金の申請が通ったという通知も来ました。

すでに内容の大まかなラインは決まっているのだけど、
改めて、大事にしたいことを、私自身が身を持って感じることができて、
今後の内容作成のイメージが、より具体的になってきた、素敵な夜でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/1799-eea101f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。