こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PC 

ごきげんよう。

先日受講した、アサーティブトレーニングで、ふと思ったこと。

本当に自分がすべき仕事ができているだろうか?

1つの案件には、いろいろな人が関わっています。
営業、お客さま、そして保険会社の営業担当さん、業務担当さん、
もちろん私。。。

いろんな目で1つの案件をみているからこそ、できることもあるけれども、
どういうわけか、全員の目をすり抜けて、問題が起こることもあって。
いわゆるミスとか誤りといったものがそれに当たります。

そのときに、検証や改善などが行われます。次につなげるために。

そんなときの私は、例え私の責任でなくても、

「あのとき、私が気が付けたのかも」
「もっと私ができていれば…」

私の責任です。ごめんなさい。

って、自分を責めるクセがあります。
そして、次からは私が頑張ろう、こちらでやってしまえば、周りにも迷惑がかからないし、
私も気が晴れる。
そうやって、チェック箇所を増やしたり、そのための書類やマニュアルを作ったり。

あるとき、社長が私に言いました。

君が言うとおり、君が気をつけたら防げたミスもあるかもしれない。
だけど、そのときに立ち戻って、それが出来たと思うか?
何でも自分のせいだと謝っていると、周りは、たとえ君の責任でなくても、
これから何かあったときに、君が原因だと思ってものを言ってくる。
だから本当に自分が悪いと思わないことで謝るな。
自分の価値を下げる。

誤りやその批判に対して、「全て私の責任」と決めてしまうのは、
自分に対して誠実ではない対応をし、自分を貶め、周りと対等な関係になれていない。
つまり、アサーティブではない、ということ。

入社当初は、与えられた仕事を覚えて、経験を積み重ねていたことが、
少しずつ創意工夫で仕事の幅が広がり、深まっていくと同時に、
気がついたら、自分に責任のない仕事も引き受けて、気がついたら、業務がものすごく増えている。
…ということ、ありませんか?

私は「引き受ける」パターンだけど、逆に、「私の責任ではない」と決め付けるのも、
「私は関係ない」と問題をスルーすることも、同じ。
きっと、どこかで、仕事が偏って、効率が悪くなっているかもしれません。

アサーティブでないと、仕事の仕方もシンプルじゃなくなるんだなあ。
そんなことを考えました。

ポイントは、批判、クレーム、問い合わせに、きちんと向き合うこと。
どこに改善点があって、自分は何ができるのか、引き受けられるのかを、
たとえ耳の痛い話であっても、改善したいという思いがお互いにあると思って
誠実に、率直に、対等に、責任をもって対応すること。

やっぱり、心がざわついて、なかなかまっすぐ見られないときもありますが(笑)
それも、アリです^^
ざわついている、ということを表現することからでも、はじめてみましょう。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/1840-179e431d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。