こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝の記事に書いたのですが、
GW中、家族で広島の仙酔島というところに行ってきました。

仙酔島は、読んで字のごとく「仙人も酔うほどの美しい島」と言われていて、
日本で最初に国立公園に指定された場所なのだそう。
1億数千万年前につくられた溶岩などでできた地層が岸壁にあらわになっており、
赤、黄色、青、白、黒の5色の岩が1箇所に集まっている場所は、
世界でも珍しく、日本ではここだけ、という珍しい場所でもあります。
木々も、まるでこの島のパワー(気)が気になって伸びているような、
神秘的で、はるか昔から変わらずある自然を感じられる、パワースポットなのだと。

もう何年も前から、ネットサーフィンで偶然見つけたこの島の
「生まれてきた意味がわかる島」というキャッチコピーに惹かれて、
行きたい!と思ってブックマークしていたのですが、
ここのオススメの宿は中学生以下の子どもの宿泊はNGになっていて。

しばらく経ってから、友達や親と行くところかなぁ、なんて思っていたのですが、
調べてみると、ファミリーOKの国民宿舎やキャンプ場まであることがわかり、
GWのお出かけ先で悩んでいた我が家で、「行きたいところがあるんやけど…」と提案したら、
いいよ、とすんなりOKに。
願い続ければ叶うものなんだなぁ、としみじみ思いました。

あ、ちなみに、私の中で夢を叶える方法の一つに「ブックマーク」というのがあって。
この話はまた別の機会に…
書くのを忘れないうちに、近々アップしますよぉ~

話は戻りますが、最初にブックマークしたときは、結構ミーハーで、
パワースポットだから行ったら何かを受け取ることができる、と安直に考えていたのです。
そして、先に叶ったお伊勢参りで、その安直さに打ちのめされました。
確かに、清冽な場所で、厳かな気持ちにはなったのですが、
だから何?という、極めてモッタイナイ?お参りだったのです。

ただ「パワースポット」と呼ばれる場所に漠然と行ったからといって、
勝手に何かパワーが下りてきてみなぎるわけじゃあないのです。
受け取る力、能力がない、というのとも違うかもしれません。

そう。
何のためにそこに行って、何を感じるのかを、しっかり意図する。
これが大事なことだと思います。

そして、縁あって、この地を訪れることができたことへの感謝。

今回は、ディズニーランドに行こう、なんて行っていた家族が、でも何か違う、と言い出し、
行くべくして行けたかのように、仙酔島に行こうということになったことに、感謝しました。
本当に、夢のようで、それが叶って、うれしかったのです。

また、ここは○○だから~なパワーがある、というような予備知識はあったけれど、
それに頼らず、「自分が感じたありのままを信じる」ことにしました。
砂浜を素足で歩き、しっかりと大地を踏みしめ、寝転がってみたり、
静かに生い茂る木々の中をゆっくりと歩いたり、
桃源郷というところがあるのなら、きっとこんな音が聞こえるのだろうな、と思うほど、
美しい小鳥のさえずりに耳を傾けたり、星空をじーっと眺めたり。
私も、この自然の中の1つの自然であることを感じました。
グラウンディングって、これだな、と実感できたのです。

スピリチュアル、パワースポットブームではあるけれども、
大切なのは、自分の「今、ここ」にある心。
地に足がついたスピリチュアル、実践してみませんか?
きっと、キャッチコピーどおり、生まれてきた意味、存在がわかってくるはず。

そうそう。
それでも、私は、ものすごく期待感を寄せすぎていたなあ、と思ったのが、
もう、びっくりするくらいの人、人、で。
もっとひなびた静かな猟師町&静かなたたずまいの島のはずだったんです。イメージでは。
対岸(本島側)の「鞆の浦」は、あの「崖の上のポニョ」の町のモデルとも言われていて、
さらに、坂本龍馬にも縁のある地なので、一大観光地だったのです。

でもね、ある本によると、こうして人が集まってくる場所こそが、
エネルギーがある場所=パワースポットなのだとか。
そう思うと、本当にタイムリーな場所に行ったんだなぁ、としみじみ思います。
それほど広くはない地域に、多くの寺社が点在するあたりも、
昔から、ここはパワースポットだったのでしょうね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/217-ce7b4c52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。