こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、夜行バスで祖母を見舞いに行ってきました。
神戸~東京、行こうと思えば簡単にいけるのですが、
仕事や子どもの世話などで、なかなか行くことができなくて。

月に最低1回は足を運んでいる母から、いろいろ話をきいていましたが、
悪いといっても、それほど実感がわかなくて。

それが昨年末、母から、認知症が進んだばかりか、もう歩くことも起きることも、
話すこともできない、と話を聴いた後、
紅白歌合戦で「トイレの神様」で聴いていたら、
「おばあちゃんに会いに行こう」
と強く思って。
そう決めたら、仕事も子どもも何とかなるもので。

久し振りに会った祖母は、やせこけて、点滴につながれ、
目をあけていることがやっと、というような状態でした。
それでも、話しかけると、あーとかうんとか返事をしてくれたり、
手を握ると、意外な力でにぎり返してくれて。

いろんな思いがこみあげてきて、涙が止まりませんでした。

どうして、もっと早く会いに行かなかったんだろう?
元気なときに、もっといろんなことをしたかったし、話したかった。
初孫の私に、ことのほかやさしかった祖母に、
私は、ちゃんと応えられているんだろうか?

今、これを書いていても、涙が溢れてきます。

またくるから、絶対来るから、少しでも元気でいてね。
そう伝えて、ほんの30分くらいですが、病院を後にしました。

祖母の姿を通して、「生きる」ということを強く考えさせられました。
人は、「あのとき、こうしていれば」という後悔をどうしてもしてしまいますが、
せめて、「今、できること、やりたいこと」を精一杯やってみよう、
そう思いました。

タロットやカラーセラピーでも、
「心の声」に耳を傾けて、本能や直観を研ぎ澄ますことで、
今を大切に生きることができると日々思っていますが、
本当に、心から、それを実感できる日になりました。


おばあちゃん、いつもありがとう。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/398-d09d6562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。