こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「りんごの生き方講演会&映画降りてゆく生き方上映会」に行きました。

将来は畑付きの平屋一戸建に住んで、
自分たちが食べる分くらいの野菜を作りながら、
たくさんできたらお友達や知っているところに分けられるような、
それでいて、夏休みには子どもたちに民泊として開放したり、
夜は占いをしたりするような生活を送ることが夢です。

そんな私の夢に、マイミクさんたちが、
最近いろんな情報をもたらしてくださって。

不思議なことに、このイベントも、一度は行けないと思っていたのに、
また誰かがつぶやいていたのを目にして、やっぱり行けるやんか、と
無事?行ける運びになりました。

今まで、農薬や肥料を使わなくてはできない、と言われていたりんごを、
いろんなきっかけで調べていくうちに、
ついに世界で初めて、無農薬無肥料でりんごの栽培に成功した、
木村秋則さんのお話。

映画も、木村さんの生き方、「自然農法」がモデルになったそうです。

もちろん、講演は、その自然農法についてのお話がメインなのですが、


「無農薬無肥料の野菜は発酵するが、農薬と肥料を使った野菜は腐る」


という人に置き換えることもできる、というところに
私は深く考えさせられました。

お金をかけたり、学力や知識を与えるだけ与えても、
今、私たちの社会が幸せかといえば、
年々増える自殺者だったり、うつ病の人口が増えていたり、
ガンで死ぬ人が増えたり、
愛し育てるべき子どもを虐待したり、尊ぶべき親を殺したり。
決してYESとはいいにくい世の中なのではないですよね。

植物が、自分で成長していくのを信じて手伝うように、
人間も、自分で成長する力をもっと信じていいんじゃないか。

そのためには、手間を惜しまず、
できるための努力をしよう

そんなメッセージに、先日読んだ植松努さんの本の
「無理をなくそう」
という言葉がシンクロしました。

木村さん、集団就職先から実家に戻ったら、水害に遭い、
何年もの間、なかなか食物が育たない畑で、いろんなことを調べて、
今では世界からも指導のオファーがあるのだそう。

できないじゃなくて、どうやったらできるかを考える

ああ、ここにも同じ人がいる。
そう思いました。

誰より、何より上を目指して、上り続ける生き方から、降りる生き方へ。

それは、何も向上心を持たないとかではなくって、
今まで、そして今あるものを生かす努力をする。
つながっていく、ひろがっていく。
大きなうねりが、人を、まちを、国を、地球を変えていく。

でも、

始めるのは1人。
1人からはじめる勇気を持とう。

ああ、私、上がる生き方もしていなければ、
降りる生き方もしてないや。

ここ1年ほど、キーワードに「責任」という言葉があがるのだけど、
自分はしたことの責任は、自分が負っているんだって、

やろうとすればできるし、
やろうとしないからできない。

そういうことだよね


今、子どもに未来への夢を持たせたい!という
おっちゃんたち(失礼)と知り合い、度々お話するのです。

結局、「肥料や農薬」与えられてばかりで、自分で育つ力がなければ、
ちょっとした風でもポキンと折れてしまったり、
そこから、無理なんじゃないかな?と夢を失っていく。。。
そんな子供たちをを何とかしたい。という思いを持っているような気がします。

「肥料や農薬」を与えることをなかなかやめられないのは、
自分たちやその上の世代が「上がる生き方」をしてきたその価値観や
常識にとらわれていて、
いや、そうじゃないかもしれない、とおもいはじめている
「発酵前の腐敗」の状態なのでしょうね。

でも、やっぱり、お金がなければ、それを稼げる力がなければ、
生きてはいけないわけで。


それが現実で。


そのバランスをとりながら、シフトチェンジが必要なのでしょうね。


私も多分、今「腐ってる」(笑)
上手く発酵し、醸造できるよう、
考えるより、感じることを大切にしよう。
とりあえずは、地に足をつけよう。

そう思った1日でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/512-e146a208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。