こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。
あなたの心のGPS、タロットセラピストまや翠です。

前回は、「相談内容や情報を、できるだけ詳しく伝える」ということについて
お話しました。

人によっては、ここまで話をしていいのかな?言いたくないな、
と思う人もいらっしゃいますので、できる限りでいいと思います。

この人になら打ち明けてもいいかも、と思っていただけることが、
セラピストとしての腕前のひとつでもあります。
リーディングをしながら少しずつ、そういえば…と少しずつお話していただいても構いません。

今回は、「質問する」です。

最初に相談内容を伝え、リーディングがはじまり、
ふむふむ、なるほど、そうなのか、と思うことでしょう。

もちろん、それで納得すればば言うことはないのですが、
タロットカードは、自分の心の中に持っているのだけど、
気がついていないこと、深層心理というものを浮き彫りにしてくれます。
だから、なんとなくわかる気がするのだけど、
言われてもピンとこなかったり、何のことなのかわかない、と感じることもあるかもしれません。

そんなときには、遠慮なく、質問してみてください。

「何となく」を一緒に考えて、ちゃんと「そうだった」と思えるくらい、
表に引きあげてくることで、
よりリーディングに深い納得がいくものになるでしょう。

また、納得がいったこと、心に響いたメッセージなどは、
メモをとっておくといいかもしれません。

内容がしっかり文字に残りますので、必要がないのですが、
口頭で行うセッションの場合、
そのときに心に響いたメッセージでも、しばらくすると忘れてしまうこともあります。

一旦心に響き、意図できたものは、
たとえ忘れた状態になったとしても、すでに心や頭にインプットされています。

ですが、私のお客様もそうですが、

「あれから何度も読み直して、ほっとしているんです」

という言葉をたくさん頂くのですね。
モチベーションをあげたり、気持ちを整えていく方法になっているのですね。

対面やチャットによる鑑定であっても、
できるかぎり、お礼かたがた、ダイジェストにまとめてお話させていただくこともありますが、
もし、その場でメモしていただけると、
書くという作業をとおして、脳にインプットされる情報もたくさんあるため、
是非、オススメします。

次は(3)意図するです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/571-8c6aa252
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。