こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
swardsking.jpgpentaclesking.jpgcapsking.jpgwandsking.jpg

息子が、私がテーブルに広げた「ソードのキング」を見て、言いました。

―この人、なんだか偉そうな感じ

ほほー。
じゃあ、「今日はどんな日になりそうですか?」ってきいたときに、
このカードが出てきたら、どういう意味になると思う?

―え~?リーダーシップがとれる日かなあ?

そうか。リーダーシップね。
じゃあ、このカードが、何かアドバイスしてくれるとしたら?

―自信を持ってください、かな?だって、エラそうでリーダーシップがあるんやから



そこで私は、他のキングのカードを全て出して並べてみて、聞いてみました。


このカード、みんな「キング」って王様のカードやねん。
さっきあなたが言ったように、王様やから、みんなエラそうやけど、
みんな、絵が違うよね?
他のカードはどんな感じかなぁ?

そして息子は答えました。

・ワンドのキングは、一緒に遊んでくれそう
(彼には、このキングは立ち上がりそうなのだそうな)
・カップのキングは、話を聞いてくれていそう
(キングの視線の向うに人がいて、話を聞いているように見える)
・ペンタクルスのキングは、イイ話をしてくれそう
(これについては、飽きてきたのか、何となくとしか答えがなくて…w)



まあ、時と場合によるとは思いますが、
息子の解釈が、全く違っているわけではない、そんな解釈もあるかな?と思いませんか?


そして、


占い師、もといタロット使いって、誰でもなれるんじゃないか、と思いませんか?(笑)


でもちょっと言ってしまえば、彼のソードのキング観は、どうも皇帝のイメージなのですが、
座り方、構図は凄く似ていませんか?

empror.jpg


私たちは、学ぶことで知識を増やし、活かそうとします。
賢者は過去から学ぶといいますし、過去の歴史や書物をひもとくことは決して悪くはありません。
ただ、その歴史が、過去の人々から伝わってきたことだけが、あたかも正しいかのごとく判断し、
活かそうとするのでは、やはり視野が狭いのではないかと思います。

その事実に、自分がどう感じたか。

価値観が多様化している今だからこそ、感性もとても大事だと思うのです。

そんな中で、「絶対こう」っていうものではないタロットカードは、
自分なりの生き方、選択をするためには、もってこいじゃないかと。

息子とタロットで遊んでいてふと思いました。

--------------------------------------------
タロット交流会
~真面目に不真面目・タロットで遊んじゃおう~
--------------------------------------------

というイベントを開催します。

初心者、経験者は問いません。
タロットを触ってみたい人
占いの練習をしてみたい人
ちょこっとお得に占ってもらいたい人
はあ?タロットで遊ぶ?何してるねん?と思う人
(あ、でも頭から否定、批判するだけの人の参加はご遠慮くださいね)

日時は未定。ただ、平日の午前中2時間程度を予定しています。
場所は、阪神地域のどこか(なんてアバウトな)

大体4人以上揃えば開催したいと思います。

ご興味のある方は、右側メニューから、ご連絡ください。

お待ちしております。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/614-2543a614
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。