こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やってきました。月イチのあの日。
そう。月経。

このブログを読んでくださっている方の中には、男性もいらっしゃると思いますが、
誰だって、女性の子宮から生まれてきたはず。
関係のない話だと、私は思いません。
パートナーがいる人も、いない人も、
愛する人を大事にするお話だと思って、読んでいただけるとうれしいです。

~~~~~~

最近では、小学校4年生のときに、学校で学ぶのだそうです。
私も、小学校5年生くらいのときに聞いたと思うのですが、
月経というのは、子宮が、赤ちゃんを産み育てるために、ふかふかのベッドを用意するのですが、
約月1回の排卵後、受精しなければ、その内膜が生理として剥がれ落ちるのです。


月に1回の循環。ある意味、デトックスですよね!!


命を生み、はぐくむ機能がしっかり自分の体の中に備わっているんだ!と思うと、
ちょっとうれしくもなります♪

でも、意外とデリケートなんですよね。
私も、学童の仕事がピークを迎える夏休みと春休みは、
元気でいるつもりでも、月経が遅れたり、月に2回きたりすることがあります。
だから、出来る限り、自分の体と気持ちをいたわりながら、上手にすごすことも大事なんです。
そのときくらいは、早く寝たり、冬はお腹や背中、腰を温めたりもします。

それでも、生理痛で動けない、というほどの症状を経験したことは、あまりないのですが、
量が多い日に、忙しくてなかなかトイレに行けない時期は、実はカナリドキドキしていたりします。

私は、生理の悩み、というほどの経験はなかったのですが、
数年前、月経血コントロール、というものに出会ったのです。

日本女性の装いが、まだ着物が主流だった時代、
女性は、お手洗いで、経血を出していたんですって。
そう、まるで、おしっこをするのと同じ様に。

その知恵を、今改めてとりいれるのが、月経血コントロール。

私も、カンペキではありませんが、やってみると、
忙しい日でも、トイレで出せるから、ナプキンをそれほど汚さずに済むんです!
もう、なんて画期的!

実は今日も、ちょこっと合間をみはからって、お手洗いで…☆

仕事中は、いわゆる紙ナプキンを使っていることが多いのですが、
ほっとんど替えなくなりました。
(家にいるときなどは、布ナプキンを使っています)

これが、楽しいの♪
自分のカラダをちゃんと知っているんだってことが。
ちょっと忙しいとき、カラダや気持ちを酷使したときなんかは、
やっぱり、上手くいかなかったりすることがあって、
頑張ってるよね、私。うん。よくやってる。
って思える。

自分の体と向き合って、カラダのサイクルを自分の力で整えられるって、いいと思いません?


そのすばらしさを教わった先生を、コウベまちむすびでセミナーしてくださることになりました♪



6月コウベまちむすび

月経血コントロールと布ナプキンのお話
月経美人になりませう
~体の中から美しく〜



「月経血コントロール」(トイレで月経血を排泄すること)
月経をわずらわしく思う、不快感や痛みなどを
一気に解消してくれるすばらしい身体の知恵です!
布ナプキンと月経血コントロールをマスターして
プチ不調にサヨナラしましょう!

<セミナーの概要>
・ナプキンの歴史
・布ナプキンがからだに良い理由
・月経血コントロールはだれでもできます
・骨盤底筋の役割
・おすすめの体操着物をきていた頃の女性ができていた!?


講師 ひらやませいこ さん
神戸在住。
長年のエステサロン経営を経て、2007年、布ナプキンとの出会いから、女性の体の知恵「月経血コントロール」に衝撃を受ける。実践すること3ヶ月で体も心も嘘のように晴れやかに。現在は女性がどんな日も自分らしく美しく生きられることを目的として作られた草木染め布ナプキンEnaをプロデュース。
女性の美と癒しのアドバイザーとして
「月経美人のすすめ~身体の中から美しく」の講演を各地で開催中。
http://seico-ena.cocolog-nifty.com/
------------------------------------------------
[ 日 時 ] 2012年6月30日(土) 13:30~15:30

[ 場 所 ] あしや市民活動センター 多目的室B
         芦屋市精道町5番11号 tel. 0797-26-6452
         (阪神芦屋駅東へ徒歩2分 精道小学校北門前)

[ 定 員 ] 10名

[ 料 金 ] 1,000円(資料代込み)

[ 持ち物 ] 筆記用具、メモ

[ 申込方法 ]
メールか電話で、下記を添えてお申し込みください。
お名前(ふりがな)・年齢・住所・携帯番号・メールアドレス

【 託児サービスのご案内 】
希望者には、お子様(3歳~)お1人につき800円で別室にてお預かりいたします。
申し込み時にお子様の年齢と人数をお伝えください。(定員:5名/先着順)

コウベまちむすび kobecco@kobe-musubi.org tel.078-451-7033
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/754-9edb573b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。