こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
町の小高い丘の上の建物でしょうか
眼下に広がるまちと、海を見ながら、
左手にワンド、右手には地球儀を持っています。

ワンドは、情熱、行動を表すカード。
これ!と決めたことをこれからはじめようとしているのかもしれません。
目標を見据えて、その向こうにある成功を祈りながら…

今日は、進めようとしていることが、上手くいくのかもしれません。
ただ、2本のうちの1本、ということで、2者択一で決めたことなら、
ちょっと狭いんじゃないかなぁ?なんて思ったりもします。
白黒はっきりさせる気持ちでいるのかもしれませんが、
他の選択肢もあることを、心の隅においておいたほうがいいかも。

…というのもね、今の自分にあてはめて考えると、
息子の学童のことで、それってどうなん?と思うことがあって。

帰るときに、チューペットをもらって、食べながら帰ってきたんです。
息子たちの楽しそうな顔に、笑って出迎え、見送ったのですが、
心にちょっともやもやとしたものが残って。

私は、子どもに、歩きながら食べてはいけない、と教えてきましたし、
今でもそれは変わりません。
そして、ランドセルを背負った子どもたちがおやつを食べながら歩く、
ということにも、疑問を感じています。
学校からまっすぐ帰ってくる子は、おやつなんて持っていないのですから。
大人の管理の下だから、いいんじゃない?という考え方もあると思いますが、
私は、大人がいながらなんでそんなことさせるの?と思ってしまって。

まあ、いろんな考え方もあるだろうし、ずっとしてきていることであれば、
何かしらの意味があるのかもしれないので、
(意味があったって、イヤなものやイヤなのだけど)
頭ごなしに、それっておかしいじゃないですか!というつもりはないのだけど、

自分のそんな気持ちをわかってもらいたい、ということと、
周りのみなさんや指導員さんはどうお考えなんでしょ?と
今晩、相談に行くつもりでいるのですが、
私の中では、「イヤなものやイヤ!」の気持ちが強くて、
白か黒しかないような考え方しかできていなくて、
そうじゃないよねぇ、と思っていたりもするのです。

カードの様子からは、私の思いは伝わりそうな気がするのですが、
(ちなみに2枚目はワンド8なので、意外とすんなり納得がいく結論がでると)
その言い方には気をつけなきゃなぁ、なんて思ったりしています。
熱く語っても、相手や周囲の思いもあることを忘れずに。

今日のマヤ暦は、「赤い銀河の地球」の日。
ドキドキしました。
赤い地球の日のテーマは、人の心に訴えること、
そのために、心の舵取りをすること、心と心を結びつけること。

学童にお世話になるとき、息子を預けっぱなしにするのではなく、
一緒に息子や子どもたちを育んでいけたらいいな、と思っていました。
それができるのが、この学童だと。
その1歩を進めることができたらいいな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letitshine.blog41.fc2.com/tb.php/95-cd25c590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。