こころをふんわり軽やかに 日々のあれこれを紡ぎます

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ごきげんよう。
地球とこころを耕し 育つ力を支えるセラピスト
ここふわのまや翠でございます。

うーん。そろそろこの肩書き、変えたい気もする。

さて、リベルタ学舎さんのマヤカルミステリーツアー2回目に
行ってまいりました。
今回は、ネイチャー編。
梅雨時の摩耶は、とっても瑞々しく潤っていました(笑)

摩耶山に登る登山道って、かなりの数があるらしく、
今回は、青谷道を登るルートでの登山。

集合場所の某高校は、有数の進学校で、
名だたる卒業生の話を聞きながら、住宅街を歩くと、青谷川に。


蛍の幼虫であるカワニナを放し、川を整備してできた蛍の名所だそうで、
1か月ほど前の蛍の時期にはたくさんの人が訪れていたのだとか。
市バスを降りてちょっと歩いただけでこういうところがあるのが、神戸の魅力☆

青谷道も、たくさんのマヤカルが存在していました。
順不同になるのですが…



神戸の茶畑 静香園さん。
茶摘みの時期には、茶摘み体験もできます。
手に届くところの新芽を少しいただいて、手で揉んだら…
普通に葉っぱの匂いがしました(笑)
お茶ができるまでには、いろいろ工程がありますからね。。。



今回も、慈さんのガイドでの道中は、
ガイドブックには載っていない話が満載。
山の中でも、行政の管轄部署が違うと、山の管理の方法が違うそうで、
橋や階段にも、その違いがはっきり出てくるこの面白さ。
奥の橋は鉄とコンクリート。
この写真を撮った橋は、石と木でできていました。

この素敵な山を素敵に保っているのは、こうした人たちの力もあり、
こういうことに税金が使われいてるのならば、納得だね、と
ご一緒している他の参加者さんの間でも話題になっていました。

地域の人たちの力も大きくて、
蛍もそうですが、沢ガニも大事に保護しているようで、
あちこちに看板がありました。



巨石信仰の片鱗。貝殻を祀って(置いて?)あります。



何故外国人がモデルなの?という微妙なポスター。
青谷道は、滝修行ができる場所が多くありました。

今回のテーマ「ネイチャー」も満喫。



食べられる毒キノコだそう(笑)
でも、食べないほうがいいそうです。
日本で名前が付いているキノコは2000種類、
その半分の1000種が、摩耶六甲に生息しているのだそう。
手つかずの原生林が残る地域ならではの多様性があるのですね。

そして、驚きなのは、


日本のレッドデータ(絶滅危惧種)にも登録されている、
マヤサンマイマイを、子供たちが見つけました。
これには、大人も子供も大興奮。

そして、掬星台に到着するのですが、
木々を抜ける風が気持ちいいねえ~♪
と湿気や汗を冷やしてしまうくらいの風は、
なんと、ロープウェイを運休にしてしまっていてびっくり。
今日は、歩いて下山しなくてはいけないのか?
一瞬、頭をよぎりましたが、お昼すぎには何とか再開。

しかし、今回のツアーで現地集合だった方は、
途中から、山を登ってこなくてはいけなくなってしまい…
自然、恐るべし。

.

monte702でいただいた今日のお昼ご飯は、摩耶カレー。
お野菜の甘みとスパイスの辛みが絶妙で、子供たちもパクパク食べていました。

今回のカレーとは違う摩耶カレーは、市販されているそうで、
灘にちなんで酒粕と灘のコーヒー会社のコーヒー、そして猪豚が入ったものだそう。
ちょっと食べてみたい。

昼食の後、自然観察園に入る前に、虫よけスプレー作り。

灘の鈴木薄荷さんの薄荷オイルを使ったスプレーは、
虫よけはもちろんのこと、汗をかいた身体にはひんやりと気持ちよくて、
作ったそばから体中に吹きかけて、みんなとっても爽やかでいい香りに(笑)

お土産に、限定の復刻版ラベルのセットを購入しちゃった☆



この時期、蚊もそうなのですが、ブヨも多くて。
かまれると、痛いくらい腫れてしまうので、
畑作業にも心強い味方になってくれること間違いなし☆

虫よけ対策も万全にして、今度は自然観察園へ。

 

アジサイといえば、大きくまんまるなものが一般的ですが、
本来、六甲摩耶で生息しているのは、ガクアジサイや七段花のような、
小さく可憐な種なのだそうです。

特に、七段花は、六甲で初めて見つけられた、幻の花と呼ばれていた種なのだそうです。



産湯の井。
お釈迦様がお生まれになったとき、龍神がはるばるインドまで届けたといわれる水。
龍神信仰は、こういうところからも垣間見られます。

さらに奥に入ると、大きな池が。
なんと、昔は天然のスケートリンクだったというから驚きです(笑)



そこにいるのは…

 

モリアオガエル!
そして、上を見上げると、卵がいっぱい。
これから、雨が降ると、この泡が落ちて、オタマジャクシが池で育つのだそう。
なんと、これから産卵をするであろうカエルさんが、木の上にいましたよ。

今回も、自然と文化を満喫いたしました。
マヤカルツアー、これからも続くそうです。
来月は、お泊りでアドベンチャー編。
楽しみです☆

摩耶山は、私のセラピストネーム「まや翠」の元ネタで、
関東から神戸に移り住んだ両親が、私に摩耶という名前を付けようとしたけれども、
当時、どちらかの字が人名使用漢字ではなかったのでつけられなかった
(私の1歳年下の人には、摩耶さんがいらっしゃるのですけどね…)
といういきさつがあって、勝手に親近感が湧いているところです。

摩耶山では、いろんなイベントをされていますよ。
是非ご覧あれ
摩耶山ポータルサイト・mayasan.jp
http://www.mayasan.jp/


ペタしてね

ごきげんよう。

4月に入ってはじめての日曜日。

花冷えの荒れたお天気で、
午前中はおうちでごろごろ。

昨日オープンしたお友達のお店、
神戸岡本コージーカフェさんでいただいた糀を使ったランチやデザートが
とても美味しくて、
仕込まなきゃ、と思って後回しにしていた、塩麹と甘酒を仕込んでいたら、
外から明るい光が。
さて、お外に出るとするか。

毎年ゴールデンウィークに行われる、だんじり祭りのお囃子を練習する音が
遠くから風にのって聞こえてきます。

今日も、玄関先のグリーンたちが元気です。

ん?グリーンじゃないけど(笑)しいたけさん。
今日は少し気温が低いから、あまり成長していません。
先週収穫したものは、肉厚でサイコーに美味しかった♪

ワイルドストロベリーは、我が家にきたときの倍くらいの量になっています。
まだ花芽が出ないのだけど…でも元気そうです。



先週、でた芽は、レタスっぽいです。



こちらはミニ大根。
本葉が出てきました。
芽が詰まっているところは間引きます。

.

落ちたミニトマトから出た芽たちも、大きくなってきています。
もう少し大きくなったら、いくつか植え替えよう。



春の訪れといえば、アスパラガス。
変わった色だけど、今年も出てきましたよ。
このコは、あっという間に成長するので、
こまめに観察して、収穫します。

我が家の玄関先は、今日も生命にみちあふれていましたが、
今日は、久しぶりに、夫の実家に行ってみることに。

息子が病気をしたとき、義父母や義姉と電話ではお話したけど、
足を運んで、まともに顔を合わせるのは、
もしかしたら、お正月ぶりかもしれない(笑)
不肖なヨメでございます。

その不肖なヨメが昨年植えたまま文字通り放置していたチンゲンサイが、
義父をして「気持ち悪い」と言わしめるほど、巨大化していました

 

菜の花が大きくてキレイなので、
もうしばらく放置させていただくことに。
種がとれたらいいなあ。



雨水が葉に溜まっていて宝石のよう。



チューリップもとてもきれい^^

実家にいた義姉とお茶をしながら久しぶりにおしゃべりして、
楽しく過ごしました。

そうそう。
いいお天気がてら、ミドリカフェさんのご近所マーケットへ。
ソラマメ珈琲さんの竹炭焙煎珈琲は、サイコーに美味しいのです。


お湯を注ぐとぶわっと膨らむ豆は、新鮮な証。
飲み終わった豆ガラは、乾かして消臭剤として利用したり、
土に混ぜると土が活性化するのだそう。
いいものだからこそ、素敵な循環ができるってものですよね。

そして、Feeling Japanさんの凍頂ウーロン茶と四季春茶を試飲させていただきました。



お湯を注いでからの時間の経過で、いろいろな味が楽しめます。
自分の好みの味を探してくださいね♪と言われました。
いろいろな飲み方や味があるっていうのも、
丁寧に作られたものならではだと思います。

若くて甘味のある四季春茶をいただきました。
これで、私の仕事もずいぶんはかどる…かも(笑)

そして、カホンプロジェクトさんへ。
西粟倉の森の木で作ったバッジがステキで、思わず購入。
自然の循環がモチーフになっているものもあって、
どれにしようか迷った挙句、
土の中の有機物を分解する虫「トビムシ」と、どんぐりにしました。
我ながら渋いチョイスだ。。。

カホンプロジェクトさんには、日本ミツバチの巣箱に使う木を発注しています。

以前、みつばちたすけ隊さんから日本ミツバチのお話を伺ったとき、
「これを見本につかって作ってみて」と、巣箱の一部を見本に下さって。
みつばちたすけ隊さんで、巣箱のキットを販売されているのですが、
あるところで買うのもいいけど、見つけるのもいい、と言われて、
そういえば…とカホンプロジェクトさんを思い出して。

巣箱を置くこと、養蜂をすることは、
生き物、生態系の一部で、それを守り、増やすという側面だけではなくて、
人間の生業としての側面も多大にあるため、
すでにお仕事としてされている方や、近隣の方々への兼ね合いもあり、
そう簡単にできることではありません。
(そもそも、そう簡単に日本ミツバチがくるかどうかも疑問ですけどね)

なので、今すぐにどうにかする…ということはできそうにないのだけど、
受け取ったものは、何とかカタチにしたいと思って、発注してみました。

最近、植物に触れることもそうですが、人とのつながり、
人と生き物、生き物どうしのつながりについて、いろいろなところで
お話を聴くことがあります。

そのたびに、自然のつながりも、人のつながりも、みんな同じだって、
強く思うのです。
それを、私なりに、わかりやすく伝えたいなあ、という気持ちが強くなって、
ついに、あの、エコロジカルシンキングゲーム会を1年ぶりに開催することに。

5月18日です。
定員がありますので、興味のある方は、お時間あけておいてくださいね。


ペタしてね



ごきげんよう。
地球とこころを耕し 育つちからを支えるセラピスト
ここふわのまや翠でございます。

一雨ごとに、木々や草花に勢いを感じるこの頃。
日曜日の雨上がりの昼下がり、
我が家の玄関先には、命があふれていました。

写真は、昨年育ったミニトマトのこぼれ種から出てきた芽。
多分、密集しているところは、実が落ちて枯れたところから
そのまま生えてきているのだと思います。


多分、こんな感じ。
これは石カフェさんの畑で見つけたもの。

間引きは必要だと思いますが、
苗がほしいという人もいらっしゃいますので、
本葉が出てきたら、少しおすそ分けしようと思います。



こぼれ種といえば、こちらは、藍のこぼれ種。
こちらは、つい先週、ジャガイモを植え付けたプランターですが、
昨年、隣のプランターで植えていた藍の種だと思います。、

こちらは、本葉が出てきているので、もう少し大きくなったら、
別のところに植えようと思います。

こうして命がつなっがっていくのって、感慨深いものがあります。



こちらは、先週植えたミニ大根の芽。
春の緑色ってやわらかくて好きです。



育っているのは、草ばかりではなくって。
菌も元気になってきたようで。
先週頃から、しいたけがまさに鈴なりになっています。
先週、収穫したら、この雨でさらに大きくなり、増えてきました。




普段は、玄関先の植え込みにホダ木を立てかけるのですが、
雨宿りをさせるために、玄関ポーチに置くとやってくるナメクジ。

ナメクジって、シイタケ食べれるんやね、
と、興味津々の息子。

見つけると、ゴメンナサイと共に取り除くのですが、
私は、全部を人間のものにしなくても、
それをアナタが食べるのなら、私はこっちを頂くわ、
と、一緒にうまく分け合うことができれば、いいのではないか、
と思っています。

彼らがそのしいたけを食べている分、
大きく美しく育っているシイタケがあるのですから。

でも、正直、気持ちのいいものではないので、
やっぱり、出会ってしまったら、取り除きます。



ワイルドストロベリーも、新芽がどんどん出てきています。
こちらにナメクジがこないのも、
しいたけのほうが美味しいからなのかもしれません。


みんな、支えあって生きているんだなあ、
としみじみと感じた、日曜日の午後でした。


ペタしてね

photo:01


ごきげんよう。

春分を迎え、なおなごり雪が名残惜しすぎるこの頃(笑)

温暖化、暖冬、逆に厳冬、○年ぶりの寒波、といっても、
植物の世界では、せいぜいプラスマイナス1週間程度、
というような話を、植物学者さんのお話会で伺った気がします。

さらに、種まきが1日遅れると、収穫が1週間遅れるとも言われます。
自然は、目先の気温や天候に、多少左右されることがあっても、
いつ生まれ育つのかを、知っているのでしょうね。

さて。
写真は、昨年の秋に植えたいちご。
くすのき農園さんでいただいた苗を、翌週に畑に移植しようと思い、
玄関先で育てていたのですが、
水やりが足りなかったようで、葉が茶色く枯れてしまったのです。

でも、乾燥して葉が破れたり落ちたりするかと思えば、そうでもなく、
弾力があったので、もしかしたらまだ生きている?と思い、
そのまま畑に植えました。
イチゴは冬の寒さに弱いと聞いたことがあったのですが、
草マルチ以外に何もせず、北風に打たれ、雪に埋もれ、
やっぱりダメなのかな…と思っていたら、
先月あたりから、新芽が出てきました。

小さくてやわらかい、瑞々しい薄緑色の葉が、少しずつ大きくなり、
葉が増えてきたのを見たとき、
自分の手入れが悪くて枯らせてしまったのに何ですが、
生きよう、育とうとするイチゴの力に、感動しました。

生きる力は、ほかの誰かが決めたりするものではなく、
命あるそのもの自身が決めるものなのだと。

もちろん、よく水をやったり、肥料を与えたり、寒さよけにトンネルを作ったりすれば、この春、花が咲き、実が実ったかもしれません。
(まだこの先どうなるのかわかりませんが)
だけど、今咲かなくても、間違いなくこのイチゴは育とうとしている。
枯れてしまったからもうだめだとあきらめずに、
信じて、見守ることで、いつか花咲く日がくるかもしれない。

ただ周りで、それを願い、育つのを支えること。

たとえば、なかなか思うように先に進めない自分自身に対して、
手をやいてしまう子どもに対して、
夫や家族、職場の部下や後輩、上司、先輩に対しても、
あきらめたりしていませんか?

やっぱり枯れてしまうことだってあるだろうし、
実らない恋だってあると思います(笑)

だけど、生きようとした事実は、かわらない。

それぞれに応じて、いろんな「春」がやってくるのだと。
そこに、早いや遅いはあるのかもしれませんが、
植物たち、自然と同じように、
大きな人生の中で、その差は大したことはないのかもしれません。

もし、差がある、と感じるのであれば、
その差を埋めることよりも、今の状態からどう生きていくか、
といったことに感覚を研ぎ澄ませよう。
自分の春に、花咲くために。

そんなことを思った、春先の畑でした。

【自然の生き方を手に入れませんか?】

そんなこと言われても、頑張っちゃうし、頑張らないといけないとおもうんだよね。
やっぱ、成長することって大事でしょ?
なんて思ったそこのアナタ。

自分と周りがどう関わりあって生きているか、お互いが繁栄していくか、
自然の営みから楽しく実感できる、
エコロジカルシンキングゲーム会、開催予定です。

はい。今のままでいいってのは、私も一部違うと思っています。
じゃあ、本当の意味での自分を生きるってどういうこと?
ということが、わかるのが、
自然の一部になって、生態系を創っていく【エコロジカルシンキングゲーム】。

この春、開催予定。
気になる方はチェックしてくださいね☆


ペタしてね


ごきげんよう。
久しぶりに、地球を耕すほうのお話をしようかな。

素敵な秋晴れになった日曜日、
私は、こども環境フォーラムさん主催の親子農業体験に
くすのき農園さんを訪れていました。

この春、種をまいた黒大豆の枝豆や、もち米の稲を収穫しました。
参加する、と言ったものの、毎月、ということに
少し苦を感じていた息子ですが、
いざ、目の前の自然の恵みに触れると、表情が変わります。
食べているものがどうやって育ち、できているか、
なかなか知る機会が少ない都会の子だからこそ、
こうした経験って、心に響くんだろうなあって思います。

黒大豆より1ヶ月先に植えていた普通の大豆は、
くすのき農園さんのオーナーさんが先に刈り取って下さっていました。

自然は、気まぐれ。読めるようで読めないもの。
黒大豆はちょうど育ち盛りに雨が降ったりしたそうですが、
大豆は、花の時期と梅雨や猛暑の小雨が重なったらしく、
また、畝の場所によって、風通しや風向きなどの違いがり、
5株植えても、収穫の数にはばらつきがかなり出ているのだとか。

オーナーさんは、
種をまいたら100%育つわけではないことも体験してほしい、
とおっしゃっていました。

私がちょこっと畑をしはじめたとき、自然農をしている方から、
5個育てて5個収穫しようと思うから、失敗したと思うんだ、
2つは虫たちにあげて、その分残りの3つが丈夫に育ったら、
それがよかった、と思ったほうがいいよ、と言われたのを
思い出しました。

そう。
私はこの日、農業体験をしていましたが、
実際、作業をさせていただいている石カフェさんでは、
川ヨガに参加された方たちに、
畑で育ったさつまいもを掘りを楽しんでいただきました。

昨年は、つるもいい感じに伸びて青々としていた時期に、
イノシシが文字通り根こそぎ持っていってしまいました。

あの苦い思い出から1年。
私や石カフェオーナーが思っていたよりも、随分たくさんの、
大きなサツマイモが獲れたそうです。

こんなに?という驚きと、それを分かち合えたよろこびと、
今年は無事育った安堵の気持ちが一度に襲ってきました。

もちろん、水をやったり、柵を作ったりして、
なるべくたくさんの収穫があるように、手を入れたりもしますが、
それが全てではなくて、
最終的には、太陽と、土と、水と、植物の生きるチカラを、
人はそっとみまもり支える、だけ。

だからこそ、どんな小さい命でも、頂けるのなら頂きたいですし、
ごはん一粒も、無駄にしたくないって、厳しくなることもあるのです。

体験って、本当に、一部分だから、伝えきれないもどかしさもあるけど、
何も知らないより、ちょっとでも土に触れてもらえたら、って今は思います。

…ってほど、エラそうなことをいえるほど、ちゃんとできてはいないんだけどね。
作物を育てることを生活の糧としていない私でさえ、そう思うんだから、
日々、お米やお野菜を作ってくださっている人の苦労も喜びも、
どんなものだろうって思います。

来年は、石カフェでも、ちょっとした体験を増やしていきましょうか。
今年植えたバジル、トマト、藍、綿は、今、種をとっている最中です。
みんなで種蒔きができたらいいな。

今日はいろいろなところで、みなさんありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。